空色のこころ

心理カウンセラーの田中里美です☆よろしくお願いします

そっか・・・みんな 同じなんだ!

f:id:satomi-tanaka:20190705220444j:image

こんにちは!

カウンセラーの、田中 里美 です。

 

毎日毎日‥スッキリしないお天気が続き、洗濯物も乾かないし‥   主婦には、憂鬱な季節!  梅雨明けが待ち遠しいです。

週末もどうやら雨予報‥   七夕の日も‥織姫と彦星は、今年は逢えそうもないですね‥

☆☆☆

七夕といえば‥  私には忘れられない思い出があります。

子ども達が、まだ幼稚園入園前の頃のことです。

当時の私は、とにかく懸命に子育てしてる「保育士の職業病全開ママ」でした。

https://satomi-tanaka.hatenadiary.jp/entry/2018/09/22/soredeiiyo/

 

子どもが幼稚園に入園する前って、母子共に‥世界が狭くなりがちです。

私は、周りとの繋がりを大切にしようと思い、長男が0歳の頃から、積極的に散歩に連れて行き‥近所にたくさんのママ友を作りました。

 

そして、仲良くなったママ友達を家に呼び「子連れママ茶」の場を、提供していました。

 

我が家のリビングは、まるで保育室のようでした。季節の折り紙を飾り、玩具なども‥遊びやすいようにと、私が環境設定していたのです。

ママ達は、子どもを見守りながら‥ダイニングで、お茶しながらお喋りします。

 

我が子も、お友達と遊べて楽しいし、私も、ママ友とお茶出来て嬉しいし、お友達もみんな‥喜んでくれているので、私は、とても「いい気分」でした。

☆☆☆

 

私は、保育士時代、主任の経験があり、保護者会の司会をしたり、育児の悩みを聞いて、アドバイスもしていました。

離乳食や、アレルギーについても、発達段階に応じた環境や援助も‥  ふつうのママより、わかります。

 

この「子連れママ茶」でも、話題の中心は我が子の発達や、育児についてなので、私は、育児に悩むママ友に、よく相談をされました。

 

私が、アドバイスをすると「へぇ〜  さすが!なるほど!」と  賞賛してくれたり、「ありがとう、やってみるね」と  感謝されたりするので、

 

私は、更に「いい気分」に、なっていました。

いえ‥   正確には「いい気」になってしまっていたのかな‥  

何故なら、相談されてもいない時にも、お節介なアドバイスをしてしまったこともあったりして、後で反省したりしていたのです。

☆☆☆

 

保育所で保育士として‥お子さんをお預かりするのは、プロとしての「仕事」.です。

でも「育児」は、向き合うのは我が子であり、自分の生活に、もろに密着したものです。

 

私は、育児に職業病が加わり‥神経質になっている自分が、本当は苦しかったんです‥  それに自分だって、我が子だと‥戸惑うこともいっぱいあるくせに‥

上手く言えないけれど‥「私、育児相談に乗れるわよ☆」という、優越感みたいな気持ちがありました。「元保育士」ということが、称号のような気がしていたのかも?・・と、なんて傲慢なんだろうと、思い出すと、自分が恥ずかしくなります。

 

もちろん、悩んでるママの役に立てたらな‥という気持ちが、一番にありましたし、上から目線の言い方はせず、アドバイスも押し付けたりしないように‥  そこは気をつけていました。それに、私もママ友から、教わったこともたくさんありました。

 

言い訳のようですが「傲慢な気持ち」だけではなかった‥ということは、付け足させて下さい☆

☆☆☆

 

さて、私が「いい気になっていた自分」に、気がつけたのは、ある年の七夕のことです。

 

私は、主人の実家から、笹をもらってきて‥親友ママと子ども達と、笹飾りをしました。

輪飾りや、ちょうちん、天の河  などを、折り紙で作り、短冊も書いて吊るしました。

 

うーん、楽しいなぁ♪♪♪   保育士の職業病が、騒ぎました!

どうせなら、皆呼んで、賑やかにやりたーい  ♪♪♪

 

『家の庭で、七夕やってるよ(^^)  

良かったら‥短冊書きに、遊びに来てね☆』

 

いつもママ茶する‥近所ママ友達に一斉メールし、数人が散歩がてら‥我が家の庭に来てくれて、短冊を書いて吊るしました。

 

さてさて‥まず最初に、1枚目に書いたのは、みんなは、どんな願い事かしら??

 

私は「○○と○○が、心身共に  健康に育ちますように!」と、書きました。

 

では、みんなは‥?

「家族みんなが  健康でありますように!」

「○ちゃんが   健康で  幸せになりますように!」

「○くんが  病気せずに  健康に育ちますように!」

 

ママ友達、皆の書いた‥1枚目の短冊は、

言葉は違えど‥  願うことは、みんな同じでした!

 

「我が子と家族の健康と幸せ」

 

子育てママ達が、一番最初にする願いは‥  やはり、これに尽きるのですね!

☆☆☆

 

みんな、同じようなこと書いてるね〜!

やっぱり‥  今はこれが一番の願いだもんね!‥と、笑い合い、私は、かけがえのない仲間を持ったんだなと、幸せな気持ちになりました。

 

そして‥「元保育士」を、称号のように、上にいるような「いい気」になっていた自分に、ハッと気づいた瞬間でもありました。

 

上も下も無いのです!

年齢も、歩んできた道も違うけれど、

彼女たちは‥子育ての一番大変な時期を、共に頑張って、励まし合ってきた  私の「同士」であり、 私の「宝物」であり、「みんな同じ願いを持つ仲間」です。

 

「いい気になっていた自分」に、気がつけたことは、傲慢だった自分を認めなくてはならない‥  恥ずかしく、苦しいことでもありました。

 

そして‥「私こそ、これからも彼女達から、たくさん教わりたい」という‥謙虚な気持ちになり‥  自分を好きになれたことでもありました。

f:id:satomi-tanaka:20190705222008j:image

 

そっか・・・みんな 同じなんだ!!

私は、この気持ちを、忘れずにいたいです。

 

☆田中 里美☆