空色のこころ

心理カウンセラーの田中里美です☆よろしくお願いします

知らなかった自分 を 知ること

f:id:satomi-tanaka:20190925233545j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中 里美 です。

 

皆さまは、自分でも何故だか‥理由がわからないけれど、泣けてしまうことって‥ありますか?

 

私はあります!!

 

自分でも、何故なのか‥  理由はわからないのですが、観ると必ず 泣いてしまう映画があります。

 

おもひでぽろぽろスタジオジブリ・高畑監督

1991年に公開された映画で、ジブリの中では、地味なストーリーだと言われていますが、ご存知の方がいたら嬉しいです。

 

☆あらすじ☆

主人公は、東京のOL タエ子(27)です。

田舎に憧れて‥義理の親戚の山形の、紅花農家へと遊びに行く旅の途中で、タエ子は何故か「小学五年生の頃の思い出」が、鮮明に思い出されます。

現実では大人のタエ子ですが、トシオという山形で知り合った男性に、まるで古いアルバムを見せながら、子ども時代を話していくかのように‥  物語はゆっくりと進んで行きます。

思い出の中から「子ども時代の未消化な苦しい思い」もで出来て、そこから‥タエ子の現実の人生の分岐点へと、繋がっていき、ラストではタエ子が、ある決断をします。

 

この映画は、いわゆる‥泣かせる内容ではなく、じぃ〜ん‥として「良い話だねぇ」という感想を持つ方が多いと思います。

ストーリーの進みがゆっくりなので、もしかして、退屈に感じる方もいるかもしれません。

何か大事件が起こったり‥  心揺さぶられる感じでもないのです。

 

でも‥私は、この映画で、何故か涙が出て出て‥ 泣けるのです。一体、それは何故か?自分でも不思議でした。

☆☆☆

 

初めて観たのは高校生の時でした。

その時は‥良い話だなぁ‥と感じただけでした。

 

2回目は、その10年後くらいに、金曜ロードショウでやっていたのを観て、心が物語の中に入り込んでいく感覚を味わいました。

ラストでは、気がつくと‥私は号泣していたのです!

 

その数年後、また観る機会がありましたが、やはり泣いてしまいました。

 

先日、友人と「おすすめの映画は?」なんて話をしていた時、ふと「思い出ぽろぽろ」のことを思い出した私は‥

自分はこの映画の、何に心動かされて、泣いてしまうのか‥  自己分析をしてみよう! ‥と、思い立ちました。

 

最後に観たのは、長男を妊娠中で、その長男は来月で14歳です。だから‥約14年振りの「おもひでぽろぽろ」映画鑑賞です!

 

私は、お気に入りの映画やドラマは、何度も観ます。やはり、好きなものは変わらず好き!

でも、ただ好きなだけじゃなく、同じ内容のストーリーでも、自分が歳を重ねたことにより、違う視点から観ていたり‥違う感想を持ったり、色々な気づきがあります

 

私のこの14年間は、沢山の出来事があり過ぎて‥  語り尽くせません。

生活が大きく変わり、当然ですが‥私自身歳を重ね、「母親年齢」が14歳になりました。

 

そして「心理学を学び、心理カウンセラーとして活動を始めたこと」により、自分の心と対話をするようになったことが、私の中の大きな変化です。

 

自分の心と対話すること=自己分析  です。

自分が何故、この行動をしているのか?

自分は何故、この場面で苦しくなるのか?

‥と、自分の中の、自分でも気づかない「無意識」に、問いかけて、知らなかった自分を知ることを、大切にしているのです。

 

そんな‥今の私なら、自分は何故この映画で泣けるのか?が、解るかもしれません☆

 

長い前置きになりましたが‥

そんなわけで、なるべく初めて観るような‥真っさらな気持ちになり、あまり色々考えずに、14年振りの「おもひでぽろぽろ」を観てみたんです!

☆☆☆

f:id:satomi-tanaka:20190926002529j:image

やはり、45歳になった今の私が観たら‥  物語の中への入り込み方が違っていました。

 

前半で既に、以前は、気づかなかったことに‥気づきました。

主人公のタエ子  は、私にとても似ていたんです。

以前は、そうは思わなかったのですから‥ 「目からウロコ!」とは‥このことでしょうか‥  だから感情移入しやすかったのですね、納得です!

 

物語が後半にさしかかると‥  以前より早く、私の「涙スイッチ」が入り‥  もう私は、最後まで観なくても、泣ける理由が、わかっている自分がいました。

 

私は自分に似てるタエ子に、完全に共感し、主人公の気持ち全てが「わかる!わかる!」というものだったのです。

子どもの頃の未消化な思いを、心の奥の扉に閉じ込めていて、それを思い出し‥トシオに話すタエ子は、まるで、インナーチャイルドを癒しながら涙した自分に、そっくりでした。

 

だから‥ラストで、ありのままの自分を、まるごと認め‥新たな扉を開けたタエ子に、私はとても感動していたのでした。

 

「何故だかわからないけど‥  涙が出て泣けちゃう」の、謎が解けました!!

☆☆☆

 

以前の私は「自分のことは、自分が一番良く知ってる!」と思っていました。

でも、カウンセラーを志し、心理学を学びはじめてから、実は「私も含めて‥人は、自分が思ってるほど、自分を理解していないんだ」って、思うようになりました。

 

「良いこと」だと思って発した‥些細な一言

「相手のため」だと思ってした‥一つの行動

それが、実は‥自分のためにした「言い訳」だったりします。

それに気づいて認める時は、苦しいです。

でも「知らないままよりは良かった!」と、私は思っています。

 

何故、こう言ったのかな?

何故、この行動をしたのかな?  

‥と、自分に問いかけることにより、自分でも気づかない自分  を知ることができます。

 

私は「おもひでぽろぽろ」の、タエ子と、同じような「言い訳」を、よく使っていました。

それに気づけたことにより、やはり、この映画は、以前よりもっと‥泣けて‥目が腫れました  (笑)

でも、心地よい、清々しい‥涙だったなぁと、思える自分と出会えました☆.

 

皆さんも‥  あれ?  私はどうして〜なのかな?  と、自分に疑問を持ったときに「自分と対話すること」試してみませんか?

 

その疑問と向き合うときに、もしも、一人では苦しいものなら、カウンセリングで話してみることも、おすすめです。

 

もしかしたら、その道の行く先には‥「知らなかった自分」が待っているかも‥しれないですよ☆

f:id:satomi-tanaka:20190926003642j:image

☆田中 里美☆