空色のこころ

心理カウンセラーの田中里美です☆よろしくお願いします

ざわついた心と向き合う① 「苦しさをメタ認知する」

f:id:satomi-tanaka:20200313195924j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

皆さんは、心がざわつくことってありますか?

私はあります!!

 

最近は特に「コロナウイルス」による‥非日常の生活の中で、毎日のようにざわついています。

 

毎日のように、感染者と死亡者数が報道され、世界的に混乱が起きています。

確かに、感染したらどうしよう‥

これからどうなるんだろう‥  と、不安で一杯です。

 

でも私は、心のブレーキが、頑丈過ぎても‥何も出来ないじゃない?  ‥とも、思うのです。

 

まだ見ぬ‥未来への不安ばかりが先に来て、今を見失わないでいたいのです。

☆☆☆

 

私は今年度、長男の中学校のPTA役員「地区委員会」の、委員長をしていました。

 

3月のはじめ頃に「新旧役員引き続き」という、とても重要な役員会を、予定していたのですが‥

今回、コロナウイルスによる‥休校で、役員会も予定通りか延期か‥とても迷いました。

 

でも、私は、委員長としては‥予定通りの日時に実現させたかった!

 

何故なら‥

地区委員は、自治会と繋がっている役員なので、年度末には引き続きが出来ていないと、中学校以外にも影響が生じてしまいます。

 

それから‥役員会の日時は、一年前から決まっていたため、仕事をしている役員ママも、都合をつけて、予定を空けてくれているのです。

延期となると‥また、日時を決めて声かけ‥皆さんの参加が難しくなると思いました。

 

更に‥感染者が増加すれば、役員会を延期どころか、中止にしなくてはならない自体もあり得ます。

 

そんなわけで‥委員長としては、教頭先生に「予定通り決行したい」という意志を伝えました。

☆☆☆

 

教頭先生は、少し‥渋っていらっしゃいました。

立場上、当然だと思います。

 

でも‥自治会と繋がる仕事内容だから、大きな支障が出る件を説明したら、承諾して下さいました。

 

ただ‥教頭先生の指示により、役員会はいつもの形とは違うものになりました。

 

①場所は教室ではなく、広い場所(体育館)

②全員マスク着用必須

③出入口にて、手指アルコール消毒必須

④人と人の距離を1メートル以上取り合うこと

⑤30分に一度、換気を行うこと

 

①②③は、理解出来ます。

④⑤は「え、そこまで?」‥と、正直‥心がざわつきました。

 

でも、延期でも中止でもなく‥予定通りの日時に決行出来ることに感謝しなくてはいけないかな‥と、

ざわついた心を、抑えて‥  この指示通りに、委員長として、役員会の開催・司会進行をしました。

☆☆☆

 

「このご時世に‥役員会やるの〜?」

「休校になってるのに、そんな中‥何故中止しないの?無自覚な感染者いたらどうするの?」

会の決行を聞いて、役員の中にはこう思った人がいたこと‥不満がある人がいたことを、私は小耳に挟んだのです。

でも直接聞いていないので‥それが誰で、どんな不満かはハッキリとは解りません。

 

人づてにこれを聞いた私は‥心のざわつきが、かなりありました。

でも感じ方は人それぞれ、そう感じた人がいるのも、自然なことであると、思い直しました。

 

私は「これでいい」と、思えたので、毅然といました。

 

☆委員長としては‥予定通り決行と決めた。

☆気をつけられることは気をつけて行っている

☆教頭先生の許可もとっている

☆参加は強制ではない、嫌なら欠席してもいい

 

「私は私の責任において、やることをやった!」

 

ただ‥それだけだと思っています。

 

私のLINEもメアドもスマホ番号も、委員長として皆さまに開示してますが、誰からもこの役員会への意見や批判は、私に直接来ませんでした。

気にならないといえば嘘になりますが‥これでは、対応のしようがないです。

 

こうして、私の「ざわついた心」は、自分を客観視する「メタ認知」により‥処理されました。

☆☆☆

f:id:satomi-tanaka:20200313201847j:image

暖房の無い寒い体育館で‥コートを着たまま、30分おきに換気をし、全員がマスク着用し、人と人の距離を1メートル保ちつつの‥話し合いという、不思議な光景に、心ざわつきながらも‥

 

私は委員長として司会進行し、年度末に話し合い、決めておかなくてはならないことは、決めることができました!

 

役員会は無事に終わり‥

私は「よく頑張ったな‥」と、自分を褒めてあげたい気持ちになりました。

 

全員出席だったことに、感謝しています。

不満があった人、不満がありながらも‥出てくれたんだなぁ‥  と、委員長としては本当に感謝です

 

いつか‥「あの時は、神経質だったねぇ、でも無理なかったよね。」と、笑い話に変わる日が来るといいなと、思っています。

☆☆☆

 

今回の役員会、心がざわついたままでは‥  毅然といられなかっただろうと思います。

 

役員会決行を知らせた時に、不安や不満を感じた方がいたことは、やはり委員長としては苦しいものでした。

 

でも「メタ認知」により「私は私でいいんだ」と、思うことが出来たのです。

 

メタ認知

ここを語り出すと長くなりますので‥

続編「ざわついた心と向き合う②」に続きます。

 

☆田中里美☆