空色のこころ

心理カウンセラーの田中里美です☆よろしくお願いします

笑うことの大切さ①「感謝と追悼の意を込めて‥」

f:id:satomi-tanaka:20200528094728j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

2020・3・29

大変ショックなニュースが流れました。

 

志村けんさん、新型コロナウイルス肺炎のため死去 70歳 所属事務所が報告

 

1週間前、志村けんさんが、コロナウイルスに感染したというニュースを聞いたときに‥私は祈りました。

どうか‥元気になって‥

「だいじょぶだぁ!」って、あの笑顔で、あの口調で‥

きっと、テレビに帰ってきてほしい!

そしたら‥きっと、日本が元気になる!

志村けんさんが帰って来たら、世界にもその元気を分けられるくらい、パワーがある!

 

凄く‥勝手なお願いだと思う。

でも、そう願わずにはいられなかった。

 

一方で‥70歳という高齢と、タバコとお酒が好きだったこと情報から、不安拭えず‥

 

でも‥  まさか、まさかこんなに早く‥

こんなに早くお別れがくるなんて‥信じられないです。

☆☆☆

 

まず‥「全員集合」と志村さんと、私の家族の思い出を語らせてください。

 

私は、1974生まれ 現在45歳です。

 

「8時だよ!全員集合!」で、志村さんが大人気になった時代と共に‥育った世代です。

人生で、一番最初に好きになった お笑い番組 です。

志村さんは、一番最初に好きになったお笑い芸人です。

 

我が家は、いつも8時には、歯磨きして寝る決まりだったけど、明日は休み‥という、開放感いっぱいの土曜日の夜だけは、「全員集合」を、観ることと、9時までの夜更かしが許されていました。

 

私の家は、両親ともNHKが好きで‥「全員集合」は、私と姉が、どうしても観たがるから、仕方なく許しているのだと、母は言っていました。

 

「教育上悪い番組ね、こんなの観て‥困ったもんだわ!」とか「志村けんの真似しちゃダメよ!」とか、母が、しかめっ面していたのを覚えています。

 

♪ カラス なぜ鳴くの?カラスの勝手でしょ〜 ♪

♪ 生麦生米生卵〜♪

 

私と姉が真似したのは、この二つくらいです。笑

 

私たちは、ちゃんと‥真似して良いものと、悪いもの‥  わかっていましたよ。

ただ‥面白いものは、面白いんだもの☆

だから‥  そんなに心配しないで大丈夫だったのに‥って、今は思います。笑

 

「嫌ね‥  こんなバカなことして!」と、しかめっ面して‥ブツブツ言いながらも‥  母も一緒に観て、そして、観ているうちに‥迂闊にも笑っちゃっていた母が、思い出の中にあります。

父も「またドリフか〜」と、ため息つきながら‥  ついつい‥観入ってしまい、時々笑ってましたよ。笑

 

私は、そんな両親を観て‥「あ!笑ってる〜☆やっぱり面白いんだぁ〜」‥と、凄く嬉しかったです。

 

我が家は両親ともに真面目で、良くも悪くも‥お堅い家庭だったから‥「全員集合」や、志村さんの笑いを、全肯定出来ないのでしょう。

 

表向きは「仕方なく許可」だったけど、結局は、お堅い両親も「笑っちゃう」んだもの、やっぱり昭和のテレビ史に残る‥最高の番組だったと思う!

 

姉は‥  私より早く「全員集合を観ること」を卒業してしまいましたが‥

私はそれ以降も、我が家でたった一人‥お笑いにハマり続けました。

「全員集合」がスタート地点! 以来、色々なお笑い番組を好きになりました。

 

志村けんさんは、私に「お笑い」の楽しさ素晴らしさを教えてくれました。苦しいときも‥元気をたくさんもらいました。

 

私の「心の中の思い出のアルバム」には、志村さんが作ったお笑いを「仕方なく許可しながら‥ついつい一緒に観て、つい笑っている両親」がいます。笑

 

私の祖父母も、両親も、私の息子たちも、志村さんの番組で笑っていました。

まさに、世代を超えた‥お笑いの王様です!

☆☆☆

 

テレビの世界に、志村さんが居ることが「当たり前」になり過ぎていたから、もう観られないなんて、信じられないけど、

こんなにも「コロナ」を、身近に感じたニュースは初めてでした。

 

悲しいとか、寂しいとか、信じられない‥とか、そんな気持ちが先で、まだ言葉が見つかりませんが‥  

 

私の心にしまってあった「思い出のアルバム」が開いて‥  今の気持ちを言葉に残し、感謝と追悼を、伝えたくなりました。

 

「たくさんの笑いを、思い出を、ありがとうございました。どうぞ、ご冥福をお祈り致します。」

 

 

 

以前、トーク番組で‥志村さんは「みんなの笑顔を見ることが自分の幸せだから、だからお笑いが好きだ」と、話していたことがあります。

 

私はこの言葉に深く共感しました。

 

そして「笑い」は、私の長所でもあり、苦しさをごまかすペルソナ(仮面)でもあり、とても大切なものです。

 

今回、ちょっと‥書ききれないため、後編に続きます。

☆田中 里美☆