空色のこころ

心理カウンセラーの田中里美です☆よろしくお願いします

ざわついた心と向き合う⑤「LINEの落とし穴」

f:id:satomi-tanaka:20200510232417j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

今更ですが、一人一台のスマホが、当たり前になりつつある現代。

コロナ自粛の今、スマホは更に大活躍!

スマホがなければ‥大変だったと思います。

でも、時々感じるんです。

スマホで、コミュニケーションとれることにより、本当の心の繋がりが、希薄になっているなぁ‥ということ。

 

私たちは、スマホにより「便利」を手に入れ「不便」を失いました。

不便だからこそ‥見えていた心の景色には、もう少し「相手の温もり」や「相手の息遣い」を、感じたように思うのです。

 

特にLINEは、メールよりももっと便利に手軽に‥

文字で用件だけを、ポンポン‥と、指一本で伝えることが出来て、本当に便利です。

PTA役員のやりとりでも、大活躍でした!笑

 

でも‥

LINEの向こうには人がいて、人の心があります。

これは、忘れないようにしたいことです。

☆☆☆

 

我が家の長男も次男も、LINEで友達とやりとりしています。

約束するのも、約束キャンセルも、ドタキャンも、LINEで‥  指一本でポンポンと!

 

ドタキャンされ、ガッカリする長男

ドタキャンされ、友達を怒る次男

二人とも、ドタキャンは極力しないようにし、

する時は、相手に謝っているようで安心しました。

 

私は、理由も告げず、謝罪もなく‥ドタキャンする、相手の気持ちが解らない子がいるのを、子どもたちのスマホLINEを通して、知りました。

 

時代なんだな‥と思いつつ、心がざわつきます。

☆☆☆

 

私たち大人は、常識人なら‥

予定のキャンセルを、LINEで伝える場面があれば、謝罪の心が伝わるように、気をつけますよね。

 

でも、例え常識人の大人でも、内容が入り組んだ話になると‥

LINEは「真意を伝えるのが難しいもの」に変わります。

 

 

例えば、相手の言動に、疑問を感じた時や、納得がいかないことがあった時など‥

 

相手・場面にもよりますが‥

納得したフリをするのは、我慢する苦しさはあるけど、傷つきません。

「フリ」の方が、波風立てず‥正直楽です。

 

でも、時には‥波風が必要なこともあります。

「自分の感情・本音の部分」を、大切にしたい!

誰でも、これだけは譲れないものもありますね。

大切な相手には特に‥わかって欲しいと思います。

 

私は、このような場面で‥勇気を出して伝えようとした時、その手段を、電話じゃなく、LINEを選んだことにより‥大失敗をしたことがあります!!

☆☆☆

 

LINEでよくある‥

相手の「返信無し・既読スルー」

基本、私は気になりません。

忙しいのねと思ったり、忘れてしまいます。

 

でも、ある時、私にとって‥大切な内容だったため、既読スルーに、ざわつきがあることがありました。

いつもなら、時間は空いても、返信をくれる相手だったため、更に気になりました。

 

「一言でいいのに‥  なぜ返信ないの?」

この気持ちが始まりだったため‥まずここに、苦しい自分がいたことが、始まりでした。

 

完結に、事務的ではなく、そこには、私の「感情」が入ったメッセージを送信していました。

相手への不満・疑問・悲しい・残念・などなど‥苦しいものでした。

 

返信が来て、やりとりが始まりましたが‥

何故か‥会話が噛み合う感じがしません。

 

すれ違うやりとり・すれ違う心

だんだんと相手も、私同様に‥感情が入り始めます。

 

感情には、更に感情が湧いてきます。

聞いていることに対しての答えと、違う返信がくるのは何故だろう? 何故、伝わらないのかな?

 

「大切なことには、返信がほしい」という私の気持ちは、伝わりました。

でも肝心な「本題」は、ぼんやりした状態のまま‥

 

相手が「ブロック」し、私のLINEが受け取ってもらえなくなってしまいました。

☆☆☆

 

私は途中から‥変だなと感じ、話が食い違っているような‥感覚はあったのです。

 

やりとりの最中は、冷静じゃなかったんですよね‥

 

 

そして‥

LINEのやりとりを、最初からゆっくりと読み直すと‥自分の、色々な「心」が見えてきました。

 

なるほど!

 

私が伝えたいものの一部を、相手が誤解したまま‥やりとりを繰り返す構図が出来ていたのです。

 

しかも、そこにお互い感情が入るから‥  本題が逸れていきます。

 

本題に戻そうとするけど、感情が入る。

相手は、誤解したまま返信するから‥噛み合わない。

 

 

読み直して、わかりました。

お互いに‥LINEの文字から「受け取る心」は、自分の心に映っている「自分の心」です。

 

つまり‥  相手の気持ちは、きっとこうだろという、自分の中にある経験や、価値観から描いた「憶測」が生まれる‥「投影」が、起こってしまうのです。

お互いが見る「相手の心」は、自分の憶測から生まれています。

 

電話なら‥声や口調という情報があります。

LINEは文字だけです。 相手を解ろうとしつつ、自己主張もしたいから‥そりゃ、難しいですよね。

 

メタ認知・客観視‥せず、感情にとらわれていた自分と、やりとりを振り返って‥誤解が生じているやりとりに気づき、ハッとしました。

 

何故、電話にしなかったんだろう‥LINEで済ませようと、便利・楽を選んだ自分、猛反省でした。

☆☆☆

 

それにしても‥その時「ブロック」される経験を、初めてしましたが‥  傷つくものですね。

 

もうこちらの心は、届かないです。

 

その後、冷静な文章でメールし誤解は解けました。

あのまま‥LINEで誤解を解こうとしても、難しかっただろうと思います。

 

そして、電話で話していたら‥生まれなかった誤解だと思っています。

 

そもそも本題が、楽しい会話じゃなかったですから‥きっと電話の方が勇気がいるし、苦しいことでしょう。でも、便利で楽なLINEは、落とし穴がありますね。

「自分が伝えたい気持ち」も大切だけど‥

「どう伝えるか」の方が、もっと大切ですね。

☆☆☆

 

カウンセラーも人間です。

日常の中のこんなやりとりから、心が乱れることもあります。

 

私は、心のざわつきから、自分と向き合い、日々自己分析をして‥自分の心に落とし込みます。

 

そうすることで、日常の心の乱れは、カウンセリングには、持ち込まぬように、カウンセリングに臨めます。

 

日常の中の、人間関係では、まだまだ未熟な‥こんな私ですが‥

カウンセリングでは「カウンセラー」のスイッチに、切り替えます。クライエント様に「私を解ってほしい」を求めることはありません。

 

そして、カウンセリング中の自分の心は、クライエント様ではなく、自分の問題だと思います。

それが、プロのカウンセラーだと思っています。

 

LINEでのやりとりが苦しい

ブロックされて傷ついた

 

この二つは、クライエント様の相談内容に、度々出てくるものです。

自分が体感したので、LINEにまつわる‥共感的理解が深まったかもしれません。

全て‥「経験は宝」だと思います。

☆田中里美☆

 

《 今日の空色 》夕焼け空を見ると「独りぼっち」を感じると言い、涙していた祖母を思い出す。当時子どもだった私には、綺麗な夕焼けにしか見えなかった。今なら、祖母の気持ちが少し解る。私も、歳とったんだなぁ(笑)  でも私‥独りぼっちじゃないよ☆

皆さんには、どんな空に見えますか?みんな同じ空を見ても、違う心で見ているから‥違う空に見えているんだよね。

f:id:satomi-tanaka:20200510223037j:image