空色のこころ

心理カウンセラーの田中里美です☆よろしくお願いします

何事も「土台」をしっかりしてから次へ!

f:id:satomi-tanaka:20200521061559j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

子どもたちの分散登校が始まり、主人の在宅勤務が終了しました。

少しずつ‥日常を取り戻していくのでしょうか‥

感染の不安は、消えませんが、経済も動かさなくてはならないですね。

「マスク」をお守りに、ゆっくり‥ 焦らずいきましょう。

 

私も、気をつけられることは、気をつけながら、出来ることを、一生懸命にやって行こうと思っています。

☆☆☆

 

さて、皆さんは「stay Home」と言われての‥GWや週末、何をして過ごしていましたか?

 

我が家は、家族が全員揃って家にいて、どこにも外出しない‥なんて久しぶりです。

なので、この状況を「チャンス」と考えました。

 

「いつかやろうね」‥と、主人と二人で、話すだけで、行動にうつさなかったことを始めました。

 

それは‥「庭づくり」です!

 

猫の額ほどの‥我が家の庭は、今から十数年前‥  子どもが遊べるように‥と、主人と二人で、天然の芝生を植えました。

 

子育ての中で、芝生はとても重宝しました。

転んでも痛くない、遊ぶ環境として安全!

レジャーシートを敷いて、お日様の下で遊べる。

バーベキューもしたし、毎年夏にはビニールプールもやれました。

 

それが、今や‥ただの自転車置き場になってしまっていたのです。

 

長男中3・次男小6‥もう数年前から、庭プールはとっくに卒業し、今は、庭バーベキューすら、誘っても嫌がります。

 

芝生はお役目が終わり、私たちも手入れをしなくなり‥ボロボロになりました。

f:id:satomi-tanaka:20200520225318j:image

 

自転車が雨ざらしで置いてあり、

草むしりが大変なだけな枯れた芝生。

 

芝生とお別れをし、石畳を敷いて‥そこに「屋根付き自転車倉庫」を置こう‥という計画です。

 

業者に頼むと‥数十万はいくでしょう。

でも、主人の指示のもと、労力は全て自分たちの手作業なので、石畳・砂・自転車倉庫代で、だいたい、全部で5万くらいの格安で出来ます。

☆☆☆

 

↓  我が家の庭です

f:id:satomi-tanaka:20200521202847p:image

車二台、バイク一台、自転車二台 あります。

小さいですが‥手作りのウッドデッキもあるんですよ。

 

ボロボロの芝生を剥がす前に、芝生の上で遊んだ思い出話をして、芝生に「感謝」をしました。

 

よくバッタがいて捕まえたよね。

飼ってる亀を散歩させたね。

庭プール楽しかったね。

庭バーベキュー友達も呼んだよね。

 

楽しい思い出を、ありがとう!!

 

ただ‥剥がしてお別れではなく、そんな気持ちも忘れずにいたいと思ったのです。

 

そして、鍬やシャベルで‥芝生を剥がしていきました。久しぶりの土いじり‥子どもたちも、夢中になりやってくれました。

f:id:satomi-tanaka:20200521070526p:image

芝生を剥がすのは、力がいり、根が絡み合い‥簡単ではありません。

そして、その下は‥土の塊や、石ころや、芝生の根も混在しています。

これを、奮いにかけて‥  固形の物は土嚢袋へ‥

サラサラの土は、端にまとめておきます。

 

これを、天気の良い日は、一人一袋ノルマと決めて、20分くらい、作業していきました。

 

急ぐ必要はなく、このペースでいいんです。

 

いっぺんにやると‥腰を痛めたり、疲れて切ってしまうし、子どもたちも嫌になってしまいます。

 

無理せず、ゆっくり‥だけど丁寧に、コツコツとやっていくことが大切です。

☆☆☆

f:id:satomi-tanaka:20200520233424j:image

↑  今、こんな感じになっています。

 

芝生剥がした土の部分‥写真だと、変わり映えしないように見えますが‥ 土嚢袋20袋分‥大分掘ったし、サラサラの土になりました。頑張ったんですよ〜!

 

あともう少し頑張ったら‥

次は、砂を撒いて‥高さ調整しながら、石畳を敷いて行きます。

 

砂も石畳も買って来たので、子どもたちは、早く次の作業に進めようよと言います。

 

でも‥ ここで、石畳を敷いては失敗です。

 

「土台作り」が、いい加減だと、上に敷いた石畳が不安定で、良い仕上がりになりません。

f:id:satomi-tanaka:20200520234134j:image

↑ ほら、家を建てる大工さんも「土台」は、丁寧に、時間かけて作りますよね!

 

つい直ぐに「新しいもの」を上に乗っけたくなるけれど‥  物事には順番があります。

 

①古いものに感謝し、それらを丁寧に片付ける。

②不用になったものは、処理していきます。

③それから、しっかりした土台を作ります。

④そこに新しいものを加え、作り上げて行きます。

 

我が家の「庭づくり→屋根付き自転車車置き場計画」は、今はまだ③の途中なのです。

 

急がす、焦らず、手を抜かず‥丁寧に!

 

永遠のように気の遠い作業に感じますが‥確実に進んでいますよ。

 

この土台作りを、

「面倒くさい」と感じるか

「良いものを作るために必要なこと」と感じるか‥

出来上がったものに「心」が表れます。

☆☆☆

 

今回「庭づくり」について話しましたが‥

 

今あるものは、最後まで丁寧に手を抜かずやり遂げ、新しいものを、始める前に、土台がしっかりしているかを、見極めること。

これは、私が信条として大切にしているもので、何事にも、こうありたいと思っています。

 

 

今年、カウンセラーとして、節目を迎えた私は、初心に戻って‥「土台の強化」をしようと思っています。

 

「心」と向き合うカウンセラーとしては、まずは、自分の心の土台がふらつかず、ドッシリと構えていられる状態でなくてはなりません。

 

では、カウンセリングの土台は?

それはクライエント様との「信頼関係」です。

 

カウンセリングは、カウンセラーとクライエント様の「信頼関係構築」に始まり「信頼関係のもと終結する」

クライエント様一人一人との「信頼関係」という土台を大切にする‥カウンセラーでいたいです。

 

 

実践の場、経験値は宝とし、学びの全てに感謝をしながら‥  まだまだ未熟だからこそ、常に「学ぶ姿勢」を忘れず、努力をしていきたいです。

 

 

さて、これから梅雨に入るようで‥お天気がスッキリしません。土が湿っていると、庭の土台作り作業が出来ないのが残念です。

我が家の庭の完成は、相当先になりそうです。

 

でも、焦る必要はないですから‥

土台はしっかり丁寧に、家族で楽しみながら進めていきます。

ついでに「家族の土台」も、強化しよう!

☆田中里美☆

 

《 今日の空色 》空はいつも様々な表情を見せてくれる。心が乱れたら、空を見て自分と対話する。自分の土台(心の有り様)を、しっかりと作り、どんなに凹んでも、何度も何度も‥立ち上がる。

そして‥また歩き出す。この空が続く限り大丈夫!

f:id:satomi-tanaka:20200522080921j:image