空色のこころ

心理カウンセラーの田中里美です☆よろしくお願いします

嘘つきは「正直」の始まり 〜思い出のアルバムシリーズ⑧〜

f:id:satomi-tanaka:20200618172655j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

心のアルバムの中に綴じてある「思い出」を取り出して、 心理発達の視点から、今の心で読み解く‥

久しぶりの「思い出のアルバムシリーズ」です。

 

今回は‥

8歳の頃のある出来事で、心に刺さっていた棘(トゲ)を、今の私の心で見つめ‥  自分で抜き取ったことを、お話します。

 

 

まず、このことわざ‥皆さんも聞いたことあるかと思います。

*嘘つきは泥棒の始まり*

嘘をつくことは、悪への第一歩であり、平気で嘘をつくようになると、盗みもするようになる‥という意味をもつ。子どもはよく嘘をつくからと、子どもの躾に、使われるようになった。(世代差はあるかもしれませんが‥)

 

嘘をつく=悪いこと→泥棒の始まり

 

昔は、私もそう思っていました。

 

でも、今の私は‥そう思いません。

子どもの嘘は自分を守るために、いじらしいくらい必死なだけです。

☆☆☆

 

私が、小学2年(8歳)の時のことです。

 

よく友達と駄菓子屋に行き、買い食いすることがあったのですが‥

私のお小遣いは、周りの友達に比べてとても少なくて、みんなはアイスを買っているのに、私は10円のガムしか買えないので、居心地の悪い思いをしていました。

 

家が貧しかった‥というわけではなく、

お小遣いを必要以上に与えない‥  母の教育方針が理由でした。

 

 

そんなわけで、私だけ10円ガムを買うことが続いていた、ある日‥

 

私は、母の財布からお金を盗みました。

 

100円玉を数枚‥  自分の財布に入れたのです。

 

どうしても、みんなと同じアイスが欲しくて‥そのお金で買いました。

一度ではなく、何度か盗みました。

 

自分は、悪いことをしている

お金を盗る=泥棒

 

私は、悪いことと思いながら盗り、悪いことと解りながら‥アイスを買いました。

 

バレるだろう‥と、どこかで思っていました。

 

予感的中です。母は、毎日家計簿をつける人だったので、すぐにバレてしまったのです。

☆☆☆

 

話があるから来なさい‥と、両親に呼ばれました。

 

母が、私に聞いてきました。

「最近、お母さんの財布から、小銭が無くなっているんだけど、知らない?」

 

私は、心臓がバクバクで‥どうにかなりそうでした。

 

「知らない!絶対知らない!私は知らないよ〜!」

しどろもどろで、アタフタして泣きそうです。

 

なんて下手な嘘でしょう・・

 

更に、母が聞いてきました。

「最近あなたは、友達とアイス食べたりしてるみたいね。そのお金はどこにあったの?」

 

もう、嘘を突き通すのは無理でした。

「ごめんなさいごめんなさい‥  お母さんのお金盗りました。ごめんなさい‥」と、号泣しました。

 

 

両親は、諭すように‥私を叱りました。

 

「友達と駄菓子屋行くからお小遣い欲しい。」と、何故、頼まなかったの?

頼んできたら、少しはお小遣いあげたのに‥

お金を盗むなんて‥お母さんは悲しいよ。

あなたがしたことは泥棒だよ、わかる? 

こんなことするのは悪い子だよ。

もう絶対にしないでね。

これからは、友達と駄菓子屋に行くときは、100円あげるから、お母さんに言いなさい。

 

母は涙ぐんでいました。

父は悲しそうな顔をしていました。

 

 

私は、ガミガミ怒られるよりも、ずっと‥心が痛み、二度としないと誓いました。

 

 

この時言われた「泥棒」「悪い子」

という言葉は、棘のように‥私の心に突き刺さりました。

 

悪いことをしましたから、弁解の余地はありません。

 

時が過ぎても、時々‥この棘は痛みました。

この罪悪感は、ずっと残っていた気がします。

☆☆☆

 

今でも、胸が痛みますが、その痛み方は罪悪感ではなくなりました。

 

私は、保育や心理学の実践から学んだ経験から、考え方が大きく変わったのです!

 

子どもの嘘には、必ず‥そうせざるをえない理由(心)があります。

盗みをするとしたら‥抑圧された心があり、追い詰められた状況だからです。

 

今の私は8歳の私に「確かに‥悪いことはしたけど、悪い子じゃなかったよ。」と、言ってあげることが出来ます。

 

f:id:satomi-tanaka:20200616225331j:image

*私がお金を盗った行動の理由(心)*

 ↓

幼稚園の頃は、姉が心臓病で入院し、私は祖父母に預けられていました。

小学生の頃は、両親は共働きでした。

愛情はもらえていましたが、母が家に居ないことが多く、寂しかったです。

(母は、私が友達とアイスを食べたていたことは、姉から聞いて知ったのです)

 

もっと私を見て欲しかったです。

 

駄菓子屋に行く前に、お小遣いをねだりたくても‥母は、家に居なかったです。

お小遣いの値上げ‥交渉したことはありますが、母に断られていたから、頼んでも‥どうせ「ダメ」と、言われるとしか思えませんでした。

 

 

*私が抑圧した本音*

 ↓

「私だけ10円のガムで、恥ずかしかったよ。

私だって‥みんなみたいに駄菓子屋でアイスが買いたかったんだもん! お母さんは、いつも家に居ないし、お小遣い‥どうせダメって言うと思った。

だから、私にはこれしか方法がなかった。」

 

 

8歳の私の行動には、こんな理由と、こんな本音がありました。

これは、自己弁護じゃなく‥「自己理解」です。

 

私は、行動の理由である心=「自分の本音」を、

自己理解→自己受容することにより、

 

「悪い子」「泥棒」

‥という、胸に刺さっていた二本の棘を、抜き取ることが出来ました。

☆☆☆

 

私は、子どもが嘘をついていることに気づいたら‥

叱る前に、この子が、この嘘をつかなきゃならなくなった理由は、何だろう?‥と、考えてみるようにしています。

 

 

私は子どもに「悪い子ね!」は、絶対に言いません。

「悪い子」という言葉は、棘となり、子どもの心に突き刺さります。

子どもに「悪い子」はいないのです。

 

8歳の私も、悪い子ではなく、悪いのは「盗み」という行動です。

お金を盗むのは「悪いこと」だということは、教え諭す必要があります。

 

 

無理して「良い子」になる必要もありません。

でも「良い行い」は、認めてあげましょう。

 

子ども時代は、感じたことを感じたまま表現し、のびのびと過ごせば、それでいいのです。

 

 

「どうして嘘をついたのか」を、解ろうともせず、悪い子ねと、全否定されたら、子どもは「だって〜だったんだもん!」という本音が、言えなくなります。

 

嘘の裏側には「本音」が隠れています。

 

本音=正直な気持ち ‥です。

 

解ろうとすれば、心を開いて話してくれますよ。

 

つまり‥子どもの嘘を読み解くことは、抑圧した本音を知るチャンスなのです。

「嘘つきは正直の始まり」と言っても、過言ではありません。

☆☆☆

 

自分で自分の棘を抜き、心が楽になった私は、

両親を責める気持ちもありません。

 

どんな理由(心)があったにせよ‥

盗みは「悪いこと」なので、叱られる必要はありました。

両親が、感情的に怒らず、涙目になるくらい‥一生懸命に叱ってくれたことに、今でもとても感謝しています。

 

必要以上にお小遣いを与えない‥という躾も、当時は不満でしたが「お金を大切にする習慣や感覚」が身につき、今は私の節約術に役だっています。

 

 

今回は、子ども時代の嘘について、心理発達から読み解きましたが、大人の嘘にも、もちろん理由(心)があり、抑圧した本音が隠れています。

でも、もっと複雑に入り組んできます。これはまた別の機会に☆

 

 

心に刺さっている棘が傷んだら‥カウンセリングで話してみませんか?

苦しかった「思い出」も、今の自分の心で読み解き、棘を抜いたら‥  こんな風に、違う景色になることもありますよ。

☆田中里美☆

 

《 今日の空色 》昔、母と2人で、観覧車に乗り‥夕焼け空を見ました。一周して降りた時、私は「足が痛いよ〜」と、嘘をつきました。楽しくて‥もう一回乗りたくて‥でも、そうは言えなくて‥  足が痛くて、ここから動けないと‥嘘をついたんです。もう一回乗ることは叶わなかったけど、母はただ‥優しく足を撫でてくれた‥それだけで十分満たされた私でした。

f:id:satomi-tanaka:20200616233129j:image