空色のこころ

心理カウンセラーの田中里美です☆よろしくお願いします

「人生は無限!」だから‥葛藤も無限にある☆

f:id:satomi-tanaka:20200701224005j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

「葛藤」と聞いてどんなことが浮かびますか?

 

*葛藤*

相反する欲求が同時に起こり‥迷うこと。

何かと何かの狭間で揺れ動く心の有り様。

 

幾つかの選択肢があり「Aにしようか、Bにしようか」と、悩むことを「葛藤する」と言います。

(人間の心理発達途上にも「葛藤」がありますが‥少し質が違う話になるため、こちらはまたの機会に☆)

 

 

私たちは、日常の中で‥大・小 様々な「葛藤」があり、その都度、行動の選択をしています。

 

例えば‥レストランのメニュー

パスタが美味しそう、でもハンバーグも捨てがたいなぁ‥  どっちにしようかなぁ‥

 

予定のない休日‥

お気に入りのDVD観て、ゆっくりしようかな‥それとも、ショッピングでも行こうかな‥

 

‥などなど! 笑

これは、楽しい葛藤ですね。

あまり悩むことなく、直ぐに決められる人と、毎回悩んでしまい‥なかなか決められない人がいるかなと思います。

 

私は、レストランのメニューや、余暇の過ごし方‥などは、悩まないで直ぐに決まります。

 

 

 

でも、直ぐに決められない「葛藤」もあります。

進路・仕事 ‥など、将来に関わるもの

これは、なかなか簡単には決められないです。

 

中学生の頃、「将来は 保育士か、介護福祉士になりたい!」‥という夢を持っていました。

会社勤めの父が「大学出でおけば‥就職の世話をしてやる」と言ってきましたが‥  私のなりたいものの方向性は‥援助職なので、全く魅力を感じませんでした。

「保育士」「介護福祉士

私はこの二つで長く葛藤し‥「保育士」という道を、自分で選択しました。

 

人は何故、葛藤するのでしょうか‥

それは多分‥「後悔したくないから」ではと、思います。

☆☆☆

 

私は、今年の年明けに、 

 「こんな感じの一年になるんだろうなぁ‥」と、なんとなく心に描いたものがありました。

 

今年は、長男は受験生、次男は6年生で中学入学準備です。色々あるだろうけど、サポートを頑張ろう。

仕事は今まで通り‥ハウスクリーニングと、カウンセラーの、Wワークで頑張ろう。

どちらも大好きな仕事だから、これからも続けたい!

 

‥と、こんな感じに、

私は‥「今までの持ち場で頑張る自分」を描き、意欲に満ちていました。

 

ところが‥その通りにはいかないことが起こりました。

 

・・・これだから、人生は無限! 笑

 

 

コロナ禍上半期は、沢山の出来事がありましたが、私の周りにも沢山の変化が起きたのです。

「いつもの道」を選べなくなることが、二つ起きました。

 

人生の分岐点です!

これから進む道が、二つに分かれているので、選ばなくてはならなりません。

f:id:satomi-tanaka:20200701224615j:image

☆☆☆

 

一つめは、カウンセラーとしての分岐点でした。

 

道が二つに分かれ、どちらかを選択しなくてはならず、大きな葛藤がありました。

 

道Aを選べば‥  道Bは失い、

道Bを選べば‥  道Aを失います。

 

AもBも、今までと違う道で‥「今まで通り」という選択肢は、もうありませんでした。

 

自分が行きたい方は、どちらか‥

自分が後悔しないと思えるのは、どちらか‥

 

ぐるぐると‥葛藤しました。

誰にも相談せず、自分に自分で聴いて葛藤しました。

そして‥自分の心で決めた方へ進みました。

 

今、私は、カウンセラーとして自分が決めた道で、

段々と‥新しい景色が見えて来ています。

 

葛藤の先には‥  今までと違う自分‥に出会うチャンスが待っていました。

☆☆☆

 

二つめの分岐点は、コロナ禍にならなけれぱ、起きなかったと思います。

 

ハウスクリーニング!

私は、この仕事始めて8年めになります。

去年は、9ヶ所の担当現場を任されていました。

各現場に清掃メニューがあり‥要領良く、確実に綺麗に、時間内に仕上げます。

とてもやりがいがあり、大好きな仕事です。

肉体労働だから、キツいけど‥苦には感じないし、私の健康の秘訣です。

 

だから、まだまだ‥続ける気でいたのだけど‥

 

新型コロナウイルス流行の影響により‥

この春から‥私の担当現場が、毎月のように‥減っていきました。

 

社長と一緒に、新しい現場の研修にも行きましたが‥  先日連絡あり、その現場は‥掃除のニーズが無くなってしまったと聞きました。

 

ついに‥6月には、私の担当現場は2か所になってしまいました。

社長から、会社はかなり苦しい状況だから‥新しい現場は暫くは望めない。

田中さんに申し訳ないから、それでも続けるか‥考えてと、言われました。

 

まさか、ハウスクリーニングを「辞める・辞めない」‥の選択肢で悩む日が来るなんて‥

年明けの私は、想像もしていませんでした。

 

こちらも‥沢山の葛藤がありました。

ぐるぐると、一人で考えて考えて‥  

7月いっぱいは、今の担当現場を勤め、月末に退職することに決めました。

 

自分の責任は果たします。最後までしっかりと勤めます。

そして、次の新しい仕事を探し始める決意をしました。

 

 

二つの分岐点 は、予想外の‥思いがけないものでした。

どちらも、私は「今まで通り」を、失いましたが‥「自分の心」は見失わなかったと思います。

☆☆☆

 

それにしても‥ハウスクリーニングを辞める日は、もっと先だと思っていましたので、残念だなとか、悲しいな‥とか、そんな気持ちもいっぱいです。

 

 

でも、これから新しくパート活動する自分を新鮮に感じます。

何をしようか‥  また新しい葛藤が始まります。

 

今まで見たことがないものが見られる。

今までやらなかったことが出来る。

今までと違う経験が出来る。

今までと違う自分に出会える。

新しい出会いが、きっとたくさんある。

 

「今まで通り」を失った私は「新しい景色」を手に入れることが出来る。

 

・・・だから、人生は無限だなぁ!と思う。

 

葛藤は苦しいけど‥自分を大切にするためにも、これからも、たくさん葛藤しようと思います。

 

葛藤して、十分に悩み切れば‥  後悔はしない。

そして、全ては経験値として、自分の宝物になっていきます。

☆田中里美☆

 

《 今日の空色 》ハウスクリーニング現場のマンションの窓を磨きながら・・空を見るのが好きでした。雨の日も風の日も、雪が降る日も‥台風の翌日も、一度も休まず‥8年間頑張りました。あと1か月でこの景色とお別れです。寂しいけど‥新しい景色も楽しみです。

f:id:satomi-tanaka:20200701230102j:image