空色のこころ

心理カウンセラーの田中里美です☆よろしくお願いします

「裏事情にある心」はお客様には関係ない☆

f:id:satomi-tanaka:20200915112717j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

私は在宅でカウンセラーをしていますが、

平日は、朝〜昼過ぎまで、飲食店のホールスタッフの仕事をしています。(*写真はイメージです)

この仕事を初めて、3カ月目になります。

 

実はこの店‥コロナ自粛〜客足が減っていて、もう何ヶ月も「目標売り上げ」に達していない状態だと聞いています。

人権費削減により、ホールスタッフも、キッチンスタッフも、通常配置より少ない人数でやりくりしていますが、お客様少ないとはいっても、ランチタイムはそれなりに来るので‥忙しいです。

少ないスタッフ‥正直キツイですが、このご時世‥やむを得ないですね。

 

私は「新人だからと甘えは許されないな」‥と思い、かなり頑張って仕事を覚え、どうにか、一人分の戦力として動けるようになってきました。

(それでも、まだまだ解らないこともあり、失敗だらけなんですけどね‥)

☆☆☆

 

そんなわけで、いつも忙しいのですが‥

先日、尋常じゃないくらい忙しい日がありました!

 

一緒に開店準備をする‥先輩のパートさんが、体調不良でお休み。

私一人では無理なので、キッチン係から一人助っ人として、ホールに来てくれ、手伝ってくれました。

私はその方と、開店準備をしましたが‥  ホール係の仕事に詳しくない方なので、私が主にならなくてはなりませんでした。

「責任」が、ずーん!!‥と、のしかかります。

 

それでも‥開店の11時に間に合うよう、準備出来てホッとしましたが、何となく‥心に余裕ない状態で、店がオープンしました。

 

 

こんな日に限って‥いつもと違う光景が!!

いつも、開店して暫くは‥空いているのですが、その日は、どんどんお客様が来て‥私がここに来て初めての「満席」になりました!

しかも‥更に混んで来て、席が空くのを待つ人もいる状態で、更にテイクアウトの注文も入り‥今までにない忙しさ!!

ホールスタッフ3人の配置では‥どうにもこうにも、回せず、店長がレジ担当フォローしてくれました。

 

厨房で料理を作っている「キッチン係」のミスが目立ってきました。

「ホールが忙しい」ということは、当然「キッチンも忙しい」のです。

 

お客様から、ホールスタッフの私たちに‥声がかかります。

☆注文した料理が来るのが随分と遅いけどどうなってるの?

☆タッチパネルに注文入力したものと、違うメニューが来たから取り替えてほしい。

  ↓↓

「申し訳ございません。ただ今確認して参ります。」

「大変申し訳ありません。今すぐお取り替え致します。」

あっちへこっちへ‥料理を運んだり、お詫びしたり、キッチンに作り直しを頼んだり‥また運んだり‥

パニックになりそうでした。

 

そんな最中に「すみません〜ジュース溢しちゃったので、拭いてもらえますか?」‥なんて、お呼びまでかかりました。

 

「お客様、お洋服などは、大丈夫でしたか?」って、タオルを持ってお伺いし、溢したジュースを綺麗に拭き取り、床も拭きました。

 

笑顔で対応しながら、私の心の中に‥こんな気持ちが出てきました。

「ちょっと‥  勘弁してよ〜(^^;; 」

大丈夫ですよ、勿論‥心の中での呟きです。

 

スタッフの人数配置の少なさに、不満が出そうになりますが‥仕方ないです。

混むかどうかは、土日だからだとか、新メニューのキャンペーンがあるとか‥で予想しますが‥

この日は、予想外の混みでした。

コロナ禍で、売り上げが減り‥スタッフ配置を減らしていたのも、経営者なら当然のこと。

誰のせいでもありません!

☆☆☆

 

ジュースを溢したお客様の対応に、私は思いの外、時間がかかってしまいました。

でも、その間‥他のスタッフが、接客対応の流れを止めずに‥しっかり進行してくれていました。

 

こんな時、感じます。

「チームで力を合わせて仕事する‥という感覚」

正直‥大変だし、忙しい時間はスタッフ全員がピリピリしていて‥気疲れもあります。

でも「お客様に満足して頂ける料理&サービスを提供する」という、共通の目的のため‥全員が頑張る!

私はここから多くの学びがあると感じています。

☆☆☆

 

話は変わって‥

二十年前の王様のレストランというドラマ、ご存知な方いらっしゃるでしょうか?

 

フランス料理のレストラン「La Belle Equipe」にて、繰り広げられる‥  スタッフ達のやりとりがコミカルに面白く描かれ、三流レストランが、一流レストランへと進化していく‥清々しいドラマです。

 

そのうちの一話にて、こんな話があります。

ギャルソンが、お客様から無理難題なメニュー注文を4つも受けてしまい‥スタッフ全員で厨房に集結!(ギャルソンはレストランを一流にするため‥わざとこの難題を突きつけたという裏ストーリーあり。)

どうにか‥この困難を乗り越えて、お客様のご希望の料理が作られ、届けられる‥という内容。

 

その時の、青年オーナーの言葉が忘れられません。

 

☆オーナーの台詞☆

「不思議だな‥  あんなに大変な思いをして、皆で一丸となって‥苦労して作り出した料理だけど、お客様はそんなことは何も知らない。僕たちがどんなに大変だったか‥何も知らないで‥運ばれてきた料理を、ただ、美味しそうに食べてる。」

 

☆ギャルソン☆

「それでいいんです。それが‥レストランです。」

 

 

私が働いているのは「La Belle Equipe」のような、高級レストランではありませんが‥

今回、この「尋常じゃない忙しさ」を、どうにか‥  乗り越えようと奮闘しながらも、ジュース溢したお客様に「勘弁してよ〜」と、思ってしまった自分に、気づいた時‥

 

私は、青年オーナーのこの台詞を思い出し、ハッ‥としました。

 

ここが飲食店である以上、私たちは、お客様がご希望の料理を提供し、気持ち良く過ごして頂くことが、仕事です。

「スタッフ配置が少ない中、久しぶりの満席で‥キッチンのミスもあるしで、てんやわんやで‥」

なんて‥  こんな裏事情は、お客様には一切関係ないことです。

 

お客様の前では「出来る精一杯でサービスを!」

 

「疲れた・大変・勘弁してよ〜」は、夕飯時に家族にでも、聴いてもらえばいいのです。笑

☆☆☆

 

報酬を頂く=仕事

料金を支払う=お客様

責任=裏事情(言い訳)は通用しない

この‥仕事に対する「心構え」は、どんな職種でも、言えることですね。

(職種や状況によっては、裏事情を説明してお詫びし、払い戻しすることも責任となり得ます。)

 

 

では「カウンセリング」はどうでしょう・・・?

カウンセラーは報酬を頂き、クライエント様は料金を支払って下さる「お客様」です。

 

カウンセラーが提供するものは‥

目に見えない「心」に寄り添って「心をほぐすための時間」です。

クライエント様の荷物が、少しでも軽くなるお手伝い‥を精一杯することが仕事です。

 

カウンセラーも、人間だから‥心があります。

しかし「カウンセラー側の荷物」は、クライエント様には、関係がありません。

 

田中里美・個人OFF  →  田中カウンセラーON

このスイッチの切り替え‥クライエント様には見せないこと。これが‥プロのカウンセラーです。

☆田中里美☆

 

《 今日の空色 》いつも交通量が多い‥大型交差点!ドライバー達それぞれの心が、それぞれの目的地を目指してる。信号が黄色になると‥ブレーキか、アクセルかを、一瞬で判断する。空は、そんな人間達の様子を「みんな忙しいね‥」って、見つめているのかもしれないなぁ。

f:id:satomi-tanaka:20200915202430j:image

 

☆カウンセリングご案内☆

https://www.uraraka-soudan.com/

f:id:satomi-tanaka:20200915210038j:image