空色のこころ

心理カウンセラーの田中里美です☆よろしくお願いします

子ども界の景色①「冒険から学ぶ心」

f:id:satomi-tanaka:20210124173712j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

前回は、長男の入試で、私の心がざわついていましたが‥おかげさまで、高校受験‥前半戦は、無事終了しました(^^)

今は、後半戦に行く前の‥戦士の休息です。

 

 

今回は、4月から中学生になる‥次男の話をしたいと思います。

 

次男は、オットリ真面目長男の逆で‥  やんちゃで、要領が良いタイプです。

特技は縄跳びと、以外にも‥書道です。

↓  どうですか? なかなか、上手でしょ☆

f:id:satomi-tanaka:20210125201106j:image

最近、私の身長を抜かし‥声も低くなってきた次男‥思春期の入り口かなと感じます。

口答えばかりして‥生意気です!

親より、家族より‥友達との世界がいいのでしょう。

 

そんな次男にとって‥コロナ禍の一年は、学校生活も窮屈だし、友達と外に遊びに行くことに規制がかかり、かなりストレスだったようです。

おまけに‥最近、お兄ちゃんの受験で、家の中がピリピリしていましたので、尚更ですね。

 

第三派の中‥  長男が受験生ですから‥

私は次男に「友達と遊ぶのは‥なるべく近所の公園にしてね。」と、話していました。

周りの友達もそうしているので、次男もそれを守っていました。

 

ところが‥先日、次男が私に言いました。

「次の土曜日は、みんなで出かける約束した。映画を観て、メダルゲームで遊んで来る!」

 

「行ってもいい?」‥という相談ではなく、

「約束したから行く!」‥という事後報告なのが、次男らしいです。笑

 

年明け、お年玉を手にした次男は‥  もう、出かけたくて仕方なかったんだけど、ずっと我慢していたのです。

長男が小6の時は、友達とイオン行ったり、フードコートで食事したり、映画観たり、もっと自由に楽しんでいたのですから‥  そりゃ、そうですよね。

 

私は、行くメンバーと、行き先を聞いて‥

マスク着用、手洗い、アルコール消毒、17時までに帰ること‥など、幾つか約束事を提示し「約束が守れるならいいよ。」‥と、許可しました。

 

内心‥  色々心配でした。  

①万が一の感染リスク。

②子どもだけでバスや電車に乗って‥出かけることに不慣れだけど、大丈夫だろうか‥?  という、二つの心配です。

 

でも、ずっと我慢していたのも知っているし、友達との付き合いも大切だし、行かせてあげたいと思いました。

☆☆☆

 

当日は、朝から冷たい雨が降っていましたが、次男たちには、延期も中止もありません!

 

友達の親が、フードコートはダメだと言ったらしく‥各自、早めの昼食を済ませての出発です。

 

☆予定☆

バス→ ○○駅→ 電車→ 二駅めで下車→ 映画館で映画を観る→ ゲームセンターで遊ぶ→ 電車→ バス→ 17時までに帰宅

 

 

さて‥

久しぶりのお出かけ、どうなったかというと〜‥

 

約束の17時を過ぎても、帰宅しないし、遅くなるという連絡もない!

携帯に電話しても‥出ない!

外は真っ暗!しかも冷たい雨が降っています。

 

何かあったのかな?

私が心配していたら‥やっと連絡がありました。

 

次男‥「今帰り道だよ‥電車やめて歩いて帰るから、遅くなるよ〜」

私‥「え?今どこなの?何で電車とバス乗らないの?とにかく・・・気をつけて帰ってきなさい。」

 

次男が帰宅したのは、19時過ぎでした。

約束の17時を、2時間以上過ぎていました。

☆☆☆

 

まぁ‥とりあえず、頭ごなしに叱らないで、言い訳を聞いてみようと思った私でしたが‥

やはり「心配してたんだから!」‥の一言は、言わずにいられませんでした。

 

次男は「はいはい、どうせ怒るんでしょ、すみませんでした〜」‥と、開き直りの態度だったけど‥

そのあとで、今日の出来事を話してくれました。

 

*映画の上映開始時間を間違えていたから、映画観るのが遅くなったこと。

*‥だから予定変更し、映画の前にゲームセンターで遊んだこと。

*映画終わったら、既に17時過ぎていて「ヤバイ!」‥と、駅に走ったこと。

*しかし、お小遣い使い果たしてしまい、帰りの電車代無い子がいて‥みんなで歩いて帰ることにしたこと。

*「とにかく‥超楽しかった!」ということ。

 

沢山トラブルがあり、大変そうに聞こえるけど、次男があまりに、イキイキした表情で、楽しそうに話すので‥

雨の中、濡れたジャンパーも靴も‥気にならず、門限過ぎたことも諦め、電車代が無い一人のために皆で、二駅分も歩いたんだな‥

逞しいじゃん! 笑

冒険してきたんだなぁ‥  と、思いました。

 

もちろん‥お叱り無し‥て、わけにはいかないけれど、私は‥このお出かけに行くのを禁止せず、良かったと思っています。

 

出先でアクシデントがあり、予定変更したり、親の約束より‥友達の方が大切だとか、長くて真っ暗な道を‥歩いて帰るとか、私にも覚えがあります。

 

お母さんに怒られるだろうな‥という憂鬱はさておき、その時は「今が楽しい!」のです。

 

大人が不在の「子ども界」による‥

子どもにしかわからない、子どもだけの冒険! 

 

この「冒険」は、自分で考え、自分で行動する‥対処力・意欲が学べます。

 

これは‥今の子どもたちが、失いつつあるものかもしれません。

☆☆☆

 

小学6年生の次男たちには、

「今、どうしたいか‥」「今、どうするか‥」

今、目の前にある世界を見つめて、前を向いて歩く‥  まっさらな心があるのでしょう。

 

大人の目線で、ブレーキかけてしまうことは、子どもたちの危機管理にもなりますが、自分で体感する機会を奪う‥残念さにもなり得ます。

 

とはいえ‥この接点は難しいのですが‥

子ども時代の‥「今だからこそ見える世界」で「今しか出来ないこと」を、たくさん経験して、自分で考え、自分で行動することで‥対処力や意欲を学んでほしいです。

 

私は、冒険の後で「安心して帰れる場所」「安心して話せる場所」でありたい‥と、改めて思いました。

 

コロナ禍は、子どもたちにも‥多くの影響を及ぼしています。

色々な思いがありますが‥

結局は‥「心身ともに健康でありますように!」‥と、親の願いはこれに尽きます。

☆田中里美☆

 

《 今日の空色 》次男はクラスの人気者で、友達がたくさんいます。それなのに‥朝「学校に行きたくない!」と、たまに私を困らせます。そんな時は、理由を問い詰めず‥一日だけ休み「心の充電の日」にします。すると‥次の日は、元気に出かけて行きます☆そんな日の空は‥きっと、輝いていることでしょう。

f:id:satomi-tanaka:20210124194411j:image

*カウンセリングご案内*

https://www.uraraka-soudan.com/listing/position/8

f:id:satomi-tanaka:20210124234629j:image