空色のこころ

心理カウンセラーの田中里美です☆よろしくお願いします

清々しい寂しさを胸に‥新しい世界へ!!

f:id:satomi-tanaka:20210320225617j:image

こんにちは!

カウンセラーの  田中 里美  です。

 

我が家は、今年の春‥忙しいです!

長男の受験が終わり‥ホッとしたのも束の間。

子どもたちが、三学年差なので、二人とも卒業→入学 なのです。

 

卒業式も2回 入学式も2回

出費も二人分!

書類や手続きも二人分!

でも‥何より、成長の喜びも二人分です‥(^^)

☆☆☆

 

先週末 長男が中学校を卒業しました!

そして今日 次男が小学校を卒業しました!

 

親バカですが‥

どちらの卒業式も、私は感動してしまいました。

 

思い返せば‥

☆3年前の、中学の入学式‥長男は不安そうな作り笑顔で、凄く緊張していました。

今は、沢山の友達に囲まれて‥肩組んでふざけあう姿が見られます。

気が優しくて、人に合わせるタイプの長男ですが、嫌なことは嫌と言える‥ 心から笑い合える仲間ができたのです。

更に、受験という試練を乗り越え、強く逞しくなりました!

f:id:satomi-tanaka:20210320232149j:image

 

☆6年前の、小学校の入学式‥次男の背中には、ランドセルが大きくて重たそうだったのに‥今は軽々と背負っています。

次男はクラスのリーダー的存在、学級委員です。

学校で、沢山のことを頑張っているからか‥家では我儘言ったり、突然「学校行きたくない!」と‥休むこともありました。

でも、次男を見ていると‥学校は楽しいのだと、わかります。ON・OFFの切り替えが必要なのでしょう。

私は次男の長所は「はっきりと自己主張出来るところ」だと思っています。

f:id:satomi-tanaka:20210320232215j:image

 

二人とも‥それぞれが、感慨深い‥卒業式!

本当に成長を感じます。

 

コロナ禍の卒業式だから、全員がマスクで、来賓不在、在校生不在、先生方の人数も少なかったです。

異例づくしのこの一年‥  3ヶ月の休校があり、6月に学校が再開されました。

学校や先生方に‥感謝の気持ちでいっぱいでした。

修学旅行が無くなり‥近場の校外学習の実現にも、コロナ禍でも出来ることを考えて企画してくれてた行事、本当に有難かったです。

☆☆☆

 

☆卒業する二人へ☆

卒業おめでとう!

二人とも、逞しくなったね!

お母さんは、嬉しいし、誇らしいけど‥

どんどん遠くに行っちゃうようで、少し寂しさもあります。

でも、二人の成長は、お母さんの宝物だし、これからも、ずっと応援してるよ!

手が離れても‥心は絶対に離さないから!

安心して、新しい世界へ‥歩いて行きなさい!

☆母より☆

 

私は心配症で、少し過干渉になった部分もあるけれど、「子どもには子どもの世界」「私には私の世界」があるのだということだけは大切に、育児して来ました。
「卒業」を共に喜び、応援してあげられる母親でありたいです。

☆☆☆

 

私は、この気持ちに「清々しい寂しさ」と、名付けました。

 

喜ばしい成長!自立!

でも、そこに‥「寂しさ」も感じるのは、子どもたちと、真剣に向き合ってきたからこそです。

 

 

この「清々しい寂しさ」は、

カウンセラーとして、長期コースのクライエント様の「終結」が近づいた時の気持ちと似ています。

 

クライエント様が「継続」ではなく「終結」を選ぶということは、「カウンセリング」からの「卒業」です。


クライエント様が「カウンセリングを受けなくても、もう大丈夫かもしれないな。終結します。」と、仰った時。

 

カウンセラーは「それは良かった!」と、クライエント様の「卒業」を、喜ぶ気持ちと同時に、お別れの「寂しさ」を感じます。

 

クライエント様の辛い気持ちに、一緒に寄り添って、一緒に考えてきた‥
クライエント様の「心のパートナー」になるべく、一生懸命にカウンセリングをしてきたから‥

だからこその「喜び」であり、

だからこその「寂しさ」でもあるなぁと思います。

 

どちらの気持ちも本物だし、どちらの気持ちも、人間らしい‥素敵な気持ちだと思います。

 

寂しさも感じながら、カウンセリングを卒業するという、クライエント様の決意を、大切に‥
クライエント様の、新しい世界への旅立ちが、清々しいものになるように‥

私たちカウンセラーは、見送るのです。

 

私は、クライエント様の「卒業」を、心から共に喜べるような、そんなカウンセラーでいたいです。

☆田中里美☆

 

《 今日の空色 》春が来ました!もう‥桜が咲き始めています!去年の今頃は‥出口の見えない迷路の始まりのような時期でした。今も、まだ出口は見えないかもしれないけど‥この迷路の「歩き方」はわかってきた気がします。ちゃんと‥時間も季節も、動いています。子どもたちも成長していきます!前を向いて‥歩いて行こう!そう‥新しい世界へ!

f:id:satomi-tanaka:20210323225342j:image

https://www.uraraka-soudan.com/listing/position/8

f:id:satomi-tanaka:20210323225303j:image