空色のこころ

心理カウンセラーの田中里美です☆よろしくお願いします

PTSD(トラウマ)が消えた日〜思い出のアルバムシリーズ⑩〜

f:id:satomi-tanaka:20210416063653j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

皆さんは「トラウマ」って、ありますか?

私はあります!

 

心的外傷(トラウマ)とは、外的内的要因による肉体的及び精神的な衝撃(外傷的出来事)を受けた事で、長い間それにとらわれてしまう状態で、また否定的な影響を持っていることを指します。

最近は「PTSD」という言葉と共に‥話題に上がることも多くなっていますね。

 

わかりやすく言えば‥

自分が体験した出来事による‥心の苦しさが、いつまでも消えないこと。

ふいに思い出して辛くなったり、それに似た状況になると蘇ってきたり‥  心的外傷の痛みが‥表出してしまう状態です。

 

多かれ少なかれ、誰しもあるのではないでしょうか? と、私は思います。

 

 

今回は、私が幼い頃に経験した出来事が「トラウマ」となり苦しかったけど、それを克服した時の話をしたいと思います。

 

久しぶりの「思い出のアルバムシリーズ」です。

良かったら‥お付き合い下さい。

☆☆☆

 

私が5歳の時のことです。

当時、私が通っていた幼稚園は「英才教育」で、何をするにもスパルタでした。

 

週に一度、園バスで屋内プール施設に出かけ、水泳指導があったのですが‥それが、凄く厳しくて、私は大嫌いでした。

 

ある日、足がつかない深さのプールで、ビート板を使い‥けのびバタ足で‥プールの端から端へ‥辿り着かなくてはならないという指導がありました。

f:id:satomi-tanaka:20210415223158j:image

私は泳げなかったので‥怖くて、嫌だったので‥トイレに隠れていました。

 

そして、トイレの隙間から‥様子を伺い、終わった頃に‥こっそりと皆の列に戻ったのですが‥

それが‥先生に、バレてしまったのです!!

 

「里美ちゃん、今までどこにいたの?嫌だからって隠れていたのね?ちょっと‥こっちへ来なさい!」

・・・なんと、先生は私を抱き上げ、足がつかない深さのプールに、バシャン!って、投げ込んだのです!

 

私は‥溺れそうになりました。

バシャバシャ!ガボガボ!ジタバタ!!

プールの水を飲んで‥  死ぬかと思いました。

先生は助けてくれましたが、もう二度とズルはするなと、叱られました。

 

本当に溺れてしまう手前で、引き上げられましたが、泣いて‥むせて‥苦しくて、怖くて‥辛かったです。

 

一歩間違えたら‥私は溺れて、命の危険もあったかもしれません。

幼稚園の指導内容に問題があるのは、明確です。

酷い体罰です!

 

でも、子どもの私はそれが解りません。

「サボって隠れていた自分が悪い‥」と、思っていました。

だから、親にも話さず‥  ただ、この出来事はトラウマになり、以来、プール指導の日の朝、私は決まって‥腹痛を起こすようになりました。

☆☆☆

 

小学生になっても‥プールの授業は、あの時のトラウマが蘇るので‥  苦痛でした。

浅いプールでも、怖いし‥楽しめません。

家族でプールに出かけても、浮き輪にしがみついていましたから、両親に「何でこの子は、こんなに水が怖いんだろう?」と、不思議がられていました。

 

自分は何故、水が怖かったか‥理由は、幼稚園時代のトラウマのせいだったんだ、と‥全てが繋がったのは大人になってからです。

当時の私は、解っていませんでした。

 

水は怖いから、一生、カナヅチでいい!‥と、開き直るフリをしながら‥本当は辛かったです。

☆☆☆

 

そんな私が、10歳の時‥  家族で出かけた温泉旅行での出来事です。

 

広いお風呂に、私と母で貸し切り状態だったので‥嬉しくて、はしゃいだ私は、お風呂で息を止めて潜って遊んでいました。

その時、フワッと‥身体が浮いて‥私は、何となくバタ足をしてみたんです。

その瞬間!

私は気がついたら、泳いでいました!

けのびバタ足で、お風呂の端から端へ‥行けたのです!!

 

泳ぐって‥こんな感じなんだ!

身体って‥浮くものなんだ!

感覚がわかったら、全然怖くない!

わぁ〜なんて面白いんだろう!

 

私が「トラウマ」を克服した瞬間でした!

f:id:satomi-tanaka:20210415223406j:image

☆☆☆

 

それ以来、水が怖くなくなり‥  泳ぐって‥面白いと思えた私は、もうプールは怖くなくなりました。

小6の頃には‥背泳ぎで25メートル泳げるようになっていました(^^)

 

今は、全てが繋がります。

あの日あの時‥私がトラウマを克服出来たのは‥

場所がお風呂だったこと。

泳げるようにならなくては‥と、頑張ったわけじゃなく、自然と‥身体が浮いたこと。

 

そう「トラウマ克服しなければ!!」という意識がゼロだったことが、良かったのだと思います。

 

今なら解ります。

①プール指導をサボった‥私は悪くない。

②幼稚園と先生の指導に問題があったんだ!

③怖くて仕方なかったことが、ふとした瞬間に平気になることもあるんだなぁ。

 

この経験は、私の自信にもなりました!

「怖いものが怖くなくなり、面白くなれることもあるんだ」と、身をもって体感したのです。

☆☆☆

 

でも、これは稀なケースかもしれません。

私はたまたま‥お風呂で身体が浮けた‥という、タイミングが良かっただけです。

 

トラウマの克服は‥大変難しく、簡単ではありません。

 

私も‥まだ完全には、克服出来ていないトラウマもありますが「自分は〜の体験から、トラウマとなり、このような状況が苦手なんだよね。」‥と、自分の心を知っておくこと!

ここが第一歩だと思っています。

 

そして‥自分のペースで、焦らずゆっくりと‥

特定の事柄に‥ざわついて苦しい‥自分の心を、違う角度からも見られるようになると、見える景色が変わるかもしれません。

 

カウンセリングが、そのお手伝いをする場になれたら‥幸いです。

☆田中里美☆

 

《 今日の空色 》昔、PTSD(トラウマ)を「真昼の月」と、表現したドラマがありました。月は夜だけではなく‥昼間もそこにあり、たまに‥白く見えたりする。絶対に消えることはない‥トラウマと似ているかもしれない。でも「消えずに存在する」が、その月の存在は「過去の事実」に過ぎないと思える心になれる日が、いつか‥くるかもしれないと思う。

f:id:satomi-tanaka:20210415223855j:image

*田中里美・カウンセリングご案内*

https://www.uraraka-soudan.com/listing/position/8

f:id:satomi-tanaka:20210415225053j:image