空色のこころ

心理カウンセラーの田中里美です☆よろしくお願いします

苦手の苦しさ・大恥の可笑しさ 〜complex③〜

f:id:satomi-tanaka:20210726221013j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

東京オリンピック‥ついに、始まりましたね!

色々な思いが交差する中、複雑な問題を抱えての開催ですから、賛否両論があるのは当然のことです。

 

でも‥目標に向かい、弛まぬ努力してきたアスリート達には、「数々の大人の事情」は、一旦置いて‥画面越しにでも、声援を送りたいです。

無事に終わることを願ってやみません。

☆☆☆

 

さて、オリンピックの話に触れておきながら‥なんですが、、、

実は‥私は、運動神経がドン底なんですよ(^^;;

 

私は思うのですが、、、

「運動神経」と「音楽感性」は、生まれもってのセンスみないなものではないでしょうか?

 

もちろん‥下手でも練習するなど‥努力により補えたり、生まれつき運動センス抜群の人は、トレーニングすることで、より磨きがかかったりします。

 

でも、そもそも‥この「センスの素」は、生まれつき備わっている人と、いない人がいるように思うのです。

 

私は「音楽感性」の方は‥「センスの素」を、多少頂けていたかもしれません。

しかし‥  残念ながら「運動センス」には、恵まれませんでした。

☆☆☆

 

子どもの頃‥

自転車の補助無しに乗れたのは、周囲の友達の中では一番遅く‥小学校2年の時でした。

逆上がりが出来たのは‥小学5年生の時でした。

ドッチボールは、逃げて逃げて‥  逃げるしか出来なかったです。

 

一番辛かったのは‥長縄でやる「8の字跳び」です。

突っかからずに最高記録何人までいけるか‥みたいなのを、クラス対抗で競うのです。

 

私は‥よく突っかかるんですよ〜・・・

私のせいで、記録更新出来ないから‥申し訳ないやら、恥ずかしいやら、、、

運動が苦手なことは、自分にとって、完全に「コンプレックス」でした。

 

 

それでも、小学校では‥「里美は運動は苦手だもんね」と、クラス全員が、わかってくれていました。

 

そして、運動は苦手だけど、ピアノ伴奏をやっていたし、作文、図工、家庭科など、得意なことも、あったので、それにより‥  自分の劣等感を薄めていました。

 

これは、当時は無意識にしていたことですが、、、

「○○は苦手だけど、△△は得意だもん!」‥という、心を守る術です。 

(心理学ではこれを「補償」といいます。)

☆☆☆

 

中学に入学し、新しいクラスには、知らない人がいっぱいで‥凄く緊張していたのを覚えています。

 

私の運動神経の悪さは、体育の授業で、きっとすぐにバレてしまうので、嫌だな‥恥をかくんだろうな‥と、憂鬱でした。

 

そして‥小学校時代に使っていた「補償」も、使えなくなりました。私よりピアノ上級の子がいたので、伴奏者になれなかったんです。

 

他にも色々あり、、、

当時の私は、自分に自信が無くて‥ 劣等感の塊みたいになっていたのだと思います。

なんとなく‥クラスの雰囲気にも馴染めず、いつもきまった友達にくっついて‥目立たないように過ごしていた‥そんな、ある日のこと・・・

 

体育の授業で「バスケットボールの試合」があり、私の運動神経が‥大バレしてしまう出来事がありました。

f:id:satomi-tanaka:20210726221243j:image

試合中に、ボールを「パス」されたんです!

私にパスなんてしても‥ 上手く繋げないのに‥(^^;;

 

「わぁ〜どうしよう!」と、パニックになってしまった私は‥  ボールを持ったまま‥自分のチームのゴールに向かって、ダッシュしていました。

 

審判が「ピーッ」と笛を吹いていたようですが、一心不乱な‥私の耳には入りません。

 

そうです!

私は‥  バスケのルールの基本である「ドリブル」をせずに‥  ボールを持って走ってしまったわけです。

しかも、笛を吹かれても気づかない‥という、正々堂々と「派手なトラベリング」を、やっちゃってたんですよ(^^;;

☆☆☆

 

とにかく必死だった私は、自分のしたミスに気づくのに、時間がかかり‥ アタフタしまくりました。

 

皆は、そんな私の様子に‥「これパスケだよ!ラグビーじゃないんだよ〜」と、笑いころげていました。

 

ようやく、状況を理解した私は‥「きゃー!ごめんなさいごめんなさい!」‥と、謝罪しながら‥自分でも自分が、可笑しくなって‥  開き直って‥一緒に笑いました!

 

こうして、私の予想通り「運動神経がバレて大恥をかくこと」は、現実となりました。

いや、予想より遥かに派手に‥でした。笑

 

でも、この一件で、クラス全員が‥「運動苦手なんだね‥」と、私を理解してくれたし‥

更に‥「あなた、天然で面白いヤツだね!」‥と、これをネタに‥話しかけてくれる子がいて、嬉しかったです。

 

クラスに馴染めず‥隅っこにいたのに、この時、運動神経悪いのも悪くないな‥と、初めて思いました。

 

大恥かいて、友達が増える‥なんて、こんなこともあるんですね☆

☆☆☆

 

今思うと‥  私は確かに運動神経が悪かったことで、劣等感を持ち‥苦しかったけど、良いことも沢山あったんです。

友達が励ましてくれたこと、やり方を教えてくれたこと、そして‥今回のブログの「恥かいたおかげで友達増えたこと!」笑

逆上がりが出来た時の‥あの感動も忘れません(T-T)  

 

バカにしたり、意地悪なことを言う人もいたけど‥  私は絶対同じことはしない!苦手な人の気持ちがわかる人になろう!‥という気持ちを持つことも出来ました。

 

自分は、この「不器用」のおかげで「何でも器用に出来る人」が、味わえない経験が出来たなぁ‥と、思っています。

 

あの日あの時‥  カッコよくパスを繋げていたら、何事もなく過ぎていき、新しい友達も出来なかったかもしれません。

 

苦手は個性!→ 自虐ネタ!→ 友達が笑ってくれる→  運動神経が悪い私で良かった(^^)

 

派手に大恥かいたことが、自分の助けになることもあるなんて‥  世界がひっくり返ったような感覚でした。

自分の長所も短所も‥これが私だと「知ること、認めること」‥  ここから、何かが始まります。

☆田中里美☆

 

《 今日の空色 》先日の‥ブルーインパルス、凄かったですね。残念ながら‥まだまだ「withコロナ」ではありますが、選手たちの活躍から、皆が元気をもらえていることは事実です。今の苦しさを、いつかひっくり返して‥沢山の笑顔に繋がる日が来るようにと、願ってやみません。

f:id:satomi-tanaka:20210726221729j:image

 

*カウンセリングご案内*

https://www.uraraka-soudan.com/listing/position/8

f:id:satomi-tanaka:20210726222702j:image