空色のこころ

心理カウンセラーの田中里美です☆よろしくお願いします

虐待の連鎖と母親の孤独感‥の出口は?

f:id:satomi-tanaka:20201204220851j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

今回は「虐待」が、テーマで‥

映画紹介と、私の考察など‥お話をしたいと思います。

 

内容が重いため、人によっては、心がしんどくなるかもしれないこと‥  最初にお伝えしておきます。

 

このテーマが苦手な方は‥

これ以降‥  閲読注意でお願いします。

 

 

 

 

 

☆☆☆

 

 

 

 

f:id:satomi-tanaka:20201204201548j:image

《 映画紹介 ① 》「子宮に沈める

2010年に発生した「大阪2児置き去り事件」

大阪市西区のマンションで2児(3歳女児と1歳9ヶ月男児)を、母親が育児放棄し、餓死した事件を元に作られた作品です。

 

見ていて辛く‥苦しい内容です。

私は途中、涙が出て‥リタイアしそうになりましたが、休憩を入れ、最後まで観ました。

 

*以降‥ ネタバレ注意*

 

痛々しいくらい一生懸命な母親が、二人の子どものために‥と、育児を頑張っている様子から始まります。

明日はピクニックに行こうと‥娘とてるてる坊主を吊るしたけど、雨が降ってしまう。

それでも‥  豪華なお弁当を手作りし、部屋の中にレジャーシートを敷いて‥ピクニックごっこを楽しむ3人。

微笑ましい風景の中に、頑張り過ぎな母親の孤独感が‥読み取れる空気が伝わってきます。

 

 

段々と、母親を取り巻く背景の苦しさが明かされていきます。

追い詰められ、変わっていく母親の心の荒み‥  マンションの一室で、二人の子どもと母親の‥「3人の世界」の息苦しさが伝わってきます。

そして、ついに‥「母親」は「女性」の自分が抑えられなくなり‥子どもを置き去りにし、家出してしまいます。

 

 

母親が居なくなり「2人の世界」になった‥  3歳の姉と、1歳の弟‥  は、どうするのか?

 

当然‥演じる子役も幼い二人ですから、子役の心理負担を考慮してか‥  直接的・衝撃的な描写はあまりなく‥でも、状況がしっかりと伝わってきます。

 

視聴者は、二人の様子を‥まるで覗き穴から観ているような‥不思議な感覚に陥ります。

二人の様子や、荒れていく部屋の状態が、時間経過を教えてくれます。

 

この先は、文字にして残すことが、私には難しいため、ここまでです。 

 

観てみようかなと感じた方は、心理的に余裕がある時をおすすめします。

 

 

f:id:satomi-tanaka:20201204205851j:image

《 映画紹介 ②》「きみはいい子」

こちらも同じく2010年の「大阪2児置き去り事件」がきっかけで作られた‥  虐待がテーマの作品です。

 

*以降  ネタバレ注意*

 

小学校教師と虐待児童・学級崩壊

虐待する母親目線で描かれた‥ママ友との交流

孤独な認知症の女性と発達障害児の触れ合い

 

三つのストーリーが、同時進行で語られるスタイルで‥短編映画を三つ観ている感覚になります。

 

虐待する側に焦点を当て‥  母親の心の傷の存在を伝えています。

この傷に、気づいてくれ、解ろうとする人の存在が、どれだけ救いになるか‥伝わってきます。

 

この映画は、ただただ‥辛く苦しい内容ではなく、

辛さから抜け出す道はあるよ。一人じゃない!必ず味方がいる‥ということを伝えてくれる作品です。

 

虐待シーンは、観ていて辛かったですが‥  私は、この映画を、最後まで観て良かったと思いました。

☆☆☆

 

「大阪二児置き去り事件」は、自身も虐待されて育った母親に「虐待の連鎖」が起きて、ネグレクトにより餓死させてしまうという‥悲しい事件でした。

 

実際に起きた事件から‥  このような問題提起作品が生まれることは、珍しくありません。

 

辛いし重いし、救いがないかもしれないけれど‥

心が痛くなり、正直、観るのをやめたくなったりしたけれど‥

こういうことが‥  実際に起きているのです!

カウンセラーとしては、現実から目を背けず、まずは知ろうと思います。

 

 

コロナ禍の、この一年‥

私は、虐待やDVの件数が、増えているというニュースを何度か観ました。

 

コロナ禍を、幼いお子様と過ごす‥お母さんの大変さは、いかばかりか‥と、思います。

公園にも行けないし、ママ友との交流も希薄だったことでしょう。

どんなに可愛い我が子でも、母親は、24時間母親で‥休みがないです。

 

更に、この問題は‥

加害者が、もと被害者であることが、圧倒的に多いのです。

被害者の痛みを知っている人間は、加害者になる前に、解ってくれる人との出会いに救われるかもしれません。

 

心が重く‥一人じゃ持ちきれなくなりそうな時は、その重さを共有する相手が必要です。

 

カウンセラーの存在意義、改めて感じた私でした。

☆田中里美☆

 

《 今日の空色 》家族って何だろう。母親って、父親って‥何だろう? 一つハッキリしていることは‥子どもは守られる権利があり、両親は守る義務がある。だけど‥守りきれる力が足りないと感じたら、助けを呼んでいいって‥  全てのお母さんに伝えたい。

f:id:satomi-tanaka:20201204223220j:image

 

*田中里美・カウンセリングご案内*

https://www.uraraka-soudan.com/listing/position/8

f:id:satomi-tanaka:20201204223619j:image

ざわついた心と向き合う⑨「正解を求めるのは苦しい」

f:id:satomi-tanaka:20201127212648j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

コロナ第三波が‥深刻さを増してきましたが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

 

連日‥感染者数が記録更新していく報道がされ、私は‥心がざわついてしんどくなり、ニュースを観ないようにしている自分に気付きました。

 

「ニュースを観るのを避けてる自分」に気づいた。

この‥自分の心のざわつき‥

今回も、向き合っていこうと思います。

 

「なんか‥ざわつくなぁ」で、放置しないで、この「なんか」を、ちゃんと意識化すること。

自分がざわつく理由を解っておくことは、とても大切です。

 

私はここ数ヶ月、やっと‥私なりの「withコロナ」が出来て、この生活スタイルに慣れた気でいました。

 

でも、新しく第三派が来たとなると‥やはりまた新しい感覚で、心がざわついているのです。

☆☆☆

 

先日、実家に行った時のことです。

 

私の実家は‥母は12年前に亡くなり、父と姉が二人で住んでいます。

 

第三派が来ている今、二人とも「過剰に神経質」になっているのが、気になりました。

 

実家のダイニングで、2〜3時間くらい飲食しながらお喋りしましたが‥

その間、父は‥発熱したら直ぐに気づけるようにと、何度も検温していました。

姉は‥外出後は、手洗い・消毒・うがい だけでは安心出来ず、洋服を全取り替えし、シャワーを浴びているそうです。

 

私は「そこまでやらなくても!!」‥と思い、言いました。

二人とも「必要だと思うからやってるだけで、やらないと落ち着かない。」と言っていました。

 

私はハッとして、それ以上は言うのをやめました。

これは、二人にとって「安心したいための行動」であり‥  それを否定することは出来ないと思ったからです。

 

 

私は、検温は一日一回です。

それも‥職場から言われているから、熱なんてないのに‥と思いながら、義務でやっています。

手洗い・消毒・うがい  は、帰宅後のルーティンになっているので、当たり前のようにやります。

でも‥洋服までは着替えません。

第一派の時はやっていた‥ドアノブ消毒なども、今はしなくなりました。

平日昼間は、飲食店のホールスタッフの仕事をしています。ランチタイムは混みます。

気をつけられることは‥十分に気をつけているので、平常心で仕事に臨めます。

 

二人から見たら‥私の行動は「大丈夫なの?もっと気をつけなよ!」‥と、言いたくなると思います。

でも‥私に意見も否定もしないでくれています。

☆☆☆

 

さて「コロナ感染予防」「withコロナの過ごし方」として‥  

かなり気をつけている父と姉

気をつけられることは気をつけながら‥なるべく普通に過ごしている私

どちらが正解でしょうか?

 

私は「正解はない!」‥って、思います。

 

感染しなきゃ正解ですか?

それも‥なんか違うような気がしませんか?

 

カラオケ屋さんで、マスク無しで密で歌っていても、感染しない人もいるし‥

父姉のように、凄く気をつけていても‥感染した人もいるからです。

 

凄く気をつけて過ごしていたのに感染した人に、「不正解!」とは、言えないし、

カラオケ屋さんで、マスク無しで歌っている人にも、その行動をするには、意図(理由)があります。

もしも、ストレス発散しないと‥精神的に病みそうだったとしたら‥?

これもまた「不正解」とは、言い難い気がします。

☆☆☆

 

私は、父と姉が、ピリピリしているように思い‥  二人のメンタルが心配になりました。

 

でも、二人には二人の事情があり‥生活様式があるのです。

父は、高齢で持病があります。

姉は、子どもの頃から心臓病を持っていました。仕事は行けていますが、体力は無い方です。

 

有り難いことに‥私は健康です。

主人と子どもたちがいて、家庭を守ることが第一にあるため、毎日が忙しなく過ぎていくし‥  心の持ち方の質も違う気がします。

 

それぞれの抱える事情・背景により「コロナ感染予防」に対する温度差があるのです。

 

今、誰もが「温度差が違う人に‥ざわつく心」を、持っていることでしょう。

でも‥自分の正しさが、相手の正しさではないし‥もともと正解が無い、解らない状態。

自分の温度を人にも押し付けない。

最低限のマナーは守り、迷惑になる行動はしない。

 

皆が、お互いの‥「withコロナ」を否定せずに認め合う心が持てたら‥と、思います。

☆☆☆

 

さて‥冒頭に戻ります。

父姉と自分の‥コロナに対する温度差を理解した私は

「第三派のニュースに心ざわついたのは‥自然なこと」であると思えました。

 

毎日毎日‥  報道がされています。

経済優先か?

感染予防優先か?

どちらも選べない政府がいます。

ハッキリしない、曖昧な状態に‥  イライラやストレスが、湧いてくる人々がいます。

でも、政府も‥正解が解らない状態です。

だって‥これは、正解ないから‥

 

未来を憂えて不安になる‥未来不安 は、あって当然です。

ただ‥   正解がないのに「正解を求める心」が、ニュースの中に溢れていて‥

私の心をざわつかせていたのだと、気づきました。

 

 

そして‥  ニュースを観るのをやめても仕方ないことに、気付きました。

起きている事実は変えられない のだから、

現実を観て、受け入れるしかないです。

 

その上で、私たちが出来ることは‥

それぞれ自分の「withコロナの過ごし方」を大切に‥

自分の心を見失わないこと!

未来不安はあっていい、

でも‥後悔はしないように、今を生きること!

これに尽きる気がします。

☆田中里美☆

 

《 今日の空色 》父と姉と‥近所の神社まで散歩した。七五三・初詣で‥思い出いっぱいの場所で、また明日から頑張ろう!って、パワーをもらった気がした。皆が我慢してるし‥皆が苦しい。その苦しさや質はそれぞれだから、正解を求めることは難しい。

f:id:satomi-tanaka:20201127214605j:image

 

*田中里美・カウンセリングご案内*

https://www.uraraka-soudan.com/listing/position/8

f:id:satomi-tanaka:20201127221907j:image

「心」は今この瞬間も‥動いています〜生まれたての意識②〜

f:id:satomi-tanaka:20201119230448j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

前々回のコラム「生まれたての意識①」の、続編です。

 

私は引き続き‥  津流雅希先生のオンライン講座

「意識」「無意識(潜在意識)」についての授業を受けています。

(*内容や資料をブログに載せるにあたり、先生に許可を頂いています。)

 

大変興味深く、先生がわかりやすく話して下さるので‥心に届いてきます。

☆☆☆

 

皆さまは「心」はどこにあるか‥その場所をご存知ですか?

私は子どもの頃、身体の胸の部分に「心」があると思っていました。

f:id:satomi-tanaka:20201119231312j:image

よく、気持ちを表現するときに、

楽しいと‥「胸がはずむ!」

辛いときは‥「胸が痛む」

期待していることを‥「胸を膨らませる」‥と、言うので、その方がしっくりくるような気がしたのかもしれません。

「心臓」がドキドキして、鼓動を感じるから‥もあるでしょう。

 

でも、心の場所は、心臓ではなく‥「脳」にあるものであり、心は絶えず‥頭の中で動いています。

 

これは‥小学校高学年あたりの理科「身体の仕組み」あたりで‥  サラッと習ったような気がします。

 

心=感じ考える=脳内

そんなこと‥知ってるよ〜!‥と思うかもしれません。でも、それを深く深く‥追求して考えたことがある人は、少ないのではないでしょうか?

実はこれ‥心理学の学びの入り口でもあります。

☆☆☆

 

今回、津流先生の講座で学んだことを、私の心で咀嚼してみました。

専門用語が出てきて、少し難しそうな話になりますが、興味が湧いた方は、この先も読んで頂けたらと思います。

 

よく‥人間の脳機能では、

「意識10%」「無意識90%」と言われていますが、津流先生の講座では「心の三層構造」と題し、それを更に追求しています!!

三層構造である‥「意識」「無意識」「前意識」の「無意識」の中には「自我」「原我」「超自我という、役割特性があります。

 

 

例えば、突然ですが‥

①今、あなたは何をしていますか?

②何を感じていますか?

という質問をされたとします。

 

私、田中里美は‥

①お茶を飲みながらスマホ操作をしていました。

②夜になり冷えてきたな‥と感じていました。

①は、意識して行っていたこと。

②は、無意識(自覚なく)に感じていたこと。‥です。

私は②が意識化され、寒いので何か着ようと、パーカーを探しました。

お気に入りのパーカーが見つかりません。

「あ!2階の部屋に置きっぱなしだったんだ!」‥と、思い出しました。

パーカーを2階の部屋に置いたことは「記憶」という無意識から、取り出した「前意識」でした。

取り出したので‥「意識」に上がりました。

こんな風に‥脳は必要に応じて、前意識から記憶を取り出したり、またしまったり‥を、繰り返しているのです。

☆☆☆

 

次の質問です。

③今、欲しいものはありますか?

④それを手に入れられそうですか?

私、田中里美の無意識の中では‥要求→申請→判定

が行われます。それがこの3つ!

原我‥すぐに思い浮かんだこと

③今日イオンで見た‥ハンドバッグが欲しい〜!

自我‥原我の望みを叶えたい

④あのハンドバッグ‥買っちゃおうかなぁ〜

超自我‥この望みを叶えるか合否を下す裁判所

合格「よし、買っちゃおう」

不合格「あのハンドバッグは高い!今使ってるバッグで充分!買う必要なし!」

 

私の超自我は厳しいです!!

今回の要求‥申請してみましたが、新しいハンドバッグを買う‥は不合格でした(^^;;

 

*何気ない日常の、些細なことのようだけど‥

こんなふうに‥脳(心)は絶えず‥動いているのです。

☆☆☆

 

普通、脳内で起きていることを、いちいち深くは考えず、人は行動の自己選択しながら、日常が過ぎていきます。

 

でも‥そんな中で「大きなストレス」や「無意識の奥の奥にある‥トラウマ」などにより、心のバランスが上手くいかなくなることがあります。

そんな時、カウンセリングの出番かもしれません。

カウンセリングに繋がるこの話は‥また違う機会に☆

☆☆☆

 

今回の収穫①

「前意識」というものを教えて頂き、私は、今まで意識しなかったことを、意識するようになりました!

前意識には、たくさんの「引き出し」があって‥

必要がない時はしまっておけるし、必要に応じて取り出すことが出来るんです。

便利でーす☆  笑

 

今回の収穫②

要求は、超自我裁判による‥脳内会議が行われる(笑)

私は、いつも判決が厳しめであると自覚しました。

たまには合格にしてもいいんじゃない?‥って思いました。

 

今回の収穫③

私は、無意識の奥の奥にあるのは「辛い過去」や「インナーチャイルド」など、ネガティブなものが多い気がしていたけれど‥

 

今回の講座では、それだけじゃなく‥そこにはその人の「才能」が、隠れていると教わりました!

子ども時代にハマっていたこと=才能を見つける鍵

‥だそうですよ。 なるほど〜☆

 

私は子どもの頃、絵を描くのが大好きでした。

それから‥自分より小さい子の面倒見たり、遊んであげることが好きでした。

才能かは‥わからないけど、保育士になり‥子ども好きな面も、保育室の装飾などで絵心が必要でしたから、どちらも生かせたことは喜ばしいです(^^)

 

では、カウンセラーの才能は‥??

ちょっと‥わかりませんが、やりたいことを自己実現した感覚はあります☆

☆☆☆

 

私は心理学の学びは、知識や理論で頭でっかちになっても、あまり意味がないし‥  むしろ不自由なカウンセラーになるように思っています。

 

自分のものになっていなければ‥カウンセリングに役立てることも出来ないからです。

学んだことを、自分の心で咀嚼し、しっかりと受け取ることが大切です。

 

皆さんも、無意識→意識に上げてみませんか?

自分でも無自覚な‥心に気づいたり、才能が見つかる可能性もあると考えると‥面白いですよね☆

 

今回も、深い学びになりました。

先生、この場をかりて‥ありがとうございました!

☆田中里美☆

 

《 今日の空色 》夕方から夜に向かう時間‥  空の色が何層にもなっているときがある。私たちの心と空が、繋がっているみたいな気がする。今日の夕飯何にしよう〜♪‥  と思う意識に、冷蔵庫の野菜室に何が残っていたか‥前意識の引き出し開ける無意識が働いた!心って‥無意識って‥本当によく出来ている☆

f:id:satomi-tanaka:20201119233234j:image

 

*田中里美・カウンセリングご案内*

https://www.uraraka-soudan.com/listing/position/8

f:id:satomi-tanaka:20201119233243j:image

仕事に一生懸命だから‥身についた心

f:id:satomi-tanaka:20201111214714j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

皆さまは、どんなお仕事をされていますか?

 

私は、結婚前は保育士として勤務していました。

そして現在は‥  家事育児の空き時間に、飲食店のホールスタッフ・うららか相談室の在宅カウンセラー このダブルワークで、頑張っています。

 

私は‥いつも自分の好きなことやりたいことを、仕事にしてこれたので、「仕事」とは‥自分を生き生きさせるものの一つだと思っています。

 

時には挫けそうな失敗に、落ち込むこともありますが‥  やはり、私らしくいるために‥これからも仕事をしていたいです。

 

今回は、プロ意識を持ち‥一生懸命に仕事をしている人になら、きっと共感頂けるかな‥というお話です。

☆☆☆

 

保育士時代「職業病には気をつけなさい。」と、園長先生が話していました。

 

この、園長先生の言う‥「職業病」には、二つの意味が含まれていました。

 

①職業柄の、労働条件や環境などにより‥身体にきたす障害や疾病

乳児保育という仕事は、乳児の‥授乳・寝かしつけ・オムツ替え・沐浴 など、腰や腕に負担がかかる動作が多いため、腰痛や腱鞘炎になりやすいです。

 

職業上の癖や習慣が日常に出てしまうこと

*私生活の中でも、子どもを見ると(友人の子など)、保育士目線で見てしまうことは、悪いことではないが、その子は保育園で関わる担当児ではないのです。線引きを忘れないよう‥気をつけることは大切です。

 

 

私は、①の職業病は大丈夫でした。

でも、②の職業病はよく顔を出していました。

外出先で子どもを見かけると、つい目で追っていて、あの子‥何歳くらいかな‥と、月齢や発達段階を保育士目線で見ている自分がいました。

私は結婚が遅かったので、友人に子どもが産まれると‥張り切って玩具を手作りしてプレゼントし、その子の成長を楽しみにし、懐いてくれると嬉しくなっていました。

 

別にこれだけなら‥悪いことではないし、全く問題は無かったと思います。

でも‥ある時、園長先生の言う‥心の習性の方の「職業病には気をつけなさい」の真意が解る出来事がありました。

☆☆☆

 

シングルマザーの友人が、仕事で日曜出勤の時、子どもを預かって欲しいと頼んできたのです。

 

私は、彼女が困っているのが、痛いほどわかるため、引き受けてあげたくなっていました。

でも‥簡単に引き受けられないとも思いました。

 

友人の子を預かる‥これを、親切心だけで引き受けるのなはらば‥相当な覚悟が必要になります。

友人は保育料を支払うと言いましたが‥  私は絶対にお金は受け取れないと思いました。

何より‥預かるのは命です。

万一、何かあったら‥お互いに辛いです。

 

私は、園長先生の言う「線引き」は、こういうことだと気づきました。そして‥断りました。

 

彼女は解ってくれたし、その後も変わらず‥今でも友達です。

引き受けなくて良かった‥と、本当に思います。

☆☆☆

 

こんなふうに、確かに「線引き」を間違えないよう、気をつける必要があります。

でも一瞬、引き受けたくなった気持ちの根底には、純粋に「子どもが大好き」「働くシングルマザーの友人を助けたい」という‥ものがありました。

 

そう考えた時、私はこの気持ちに「職業病」という名前のラベルを貼りたくないなぁ‥  と、思いました。

 

職業上、出やすい身体症状は「職業病」でしっくりきます。

でも職業柄、ついやりたくなってしまう‥心の習性は「職業習性」という名前‥どうですか? 笑

☆☆☆

 

心理カウンセラーにも、ありますよ〜職業習性!!

 

心理カウンセラーは「心の専門家」であり、

生きていれば心は動くわけですから‥職業習性も様々な場面で顔を出してます。

 

例えば‥

目に見えるもの(人の言動・出来事)  だけでなく‥

目に見えない‥その人の言動の理由(意図)  その出来事の経緯(背景) は、何かな‥と考える。

‥これ、いつも癖です。

 

私は、人付き合いの中で‥相手の意図を考えることにより、相手が心を開いてくれる経験をたくさんしてきました。

いつも‥意識の拡大に努める‥カウンセラーとしての心の研鑽でもあります。

 

でも‥いつもこうじゃなくてもいい!って思います。家族や友人との楽しい会話は、なかなか客観的に聴けないし、カウンセラースイッチは‥OFFで、いいんです☆

でもでも〜‥   そう思ってはいても‥時々日常でも、ONになりかかることがあるのが事実かな。

 

私の‥職業習性であり、私がカウンセラーという仕事に熱意があるからこそ‥持ち合わせている‥一生懸命な心です。

f:id:satomi-tanaka:20201111220733j:image

 

皆さんは、どんなお仕事をされ、どんな職業習性をお持ちでしょうか?

 

身体症状の職業病には、くれぐれも気をつけてくださいね。

でも‥心の職業習性は、その仕事に従事し、懸命に頑張っているからこそ‥身についた‥無意識です。

この無意識に気付いて、意識化すること。

そして‥線引きを気をつければ‥  

これは、その人のもつ‥素敵なものなんじゃないかなぁ‥  と、私は思います。

 

 

さて、私は明日も‥昼間はホールスタッフ・夜は在宅カウンセラーとして仕事予定です☆

一生懸命に、頑張ります!

☆田中里美☆

 

《 今日の空色 》仕事の帰り道、疲れたなぁ‥と空を見上げてみると、身体は疲れても‥充実感を手に入れている自分に気づく。心が挫けそうな日も、空を見上げて自分と話す。空も心も毎日違う!だから‥人生は無限!

f:id:satomi-tanaka:20201111222049j:image

 

*田中里美・カウンセリングご案内*

https://www.uraraka-soudan.com/listing/position/8

f:id:satomi-tanaka:20201111222854j:image

オンライン講座受講しました!〜生まれたての意識①〜

f:id:satomi-tanaka:20201104215118j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

皆さんに質問です。

「学べば学ぶほど深まり‥自分の人生を豊かにするものは?」

   ↓

少し考えてみてください☆

           ↓

答えは、人により様々だと思います。

   ↓

 

 

 

 

   ↓

私なら‥即答でこう答えます!  

   ↓ 

私にとって、学べば学ぶほど深まり‥自分の人生を豊かにするもの‥それは 「心理学」です!

 

長い前置きで、すみません。

私は「心理学」を学び、見える景色、見える世界、見える空の色 が、変わり‥私の人生は、確実に豊かなものになりました。

☆☆☆

 

私が、どんな道を辿り‥カウンセラーになったのかは、詳しくはこちらに書いてあります。

ご興味あれば覗いてください☆

「私が心理学の扉をノックした‥もう一つの理由」

https://satomi-tanaka.hatenadiary.jp/entry/2019/10/20/063054

f:id:satomi-tanaka:20201103120922j:image

☆☆☆

 

私がカウンセラーを志し、学び始めたのは5年前、通信講座で「メンタル心理カウンセラー」の資格取得を目指して自宅学習をしたのが最初です。

 

通信講座の教科書には、こう書いてありました。

《 カウンセラーに必要なこと》

①人の話を客観的に聴ける

②人の辛さに共感できる

③自分自身が悩みを解決し、乗り越えている

④学ぶ姿勢を持ち続けられる

⑤社会人としての人生経験がある

                                    

当時の私は、自分は①〜⑤を、ほぼクリアしていると思いました。

何故なら‥自分は、人から悩みを相談されやすい・いつも親身に聞いている・幸せな家庭を築き大きな悩みはない・学ぶ意欲は沢山ある・社会人としての経験もある!

 

傲慢だったなぁ‥と、恥ずかしくなります。

今の私なら「ほぼクリア」なんて、即答出来ません。

☆☆☆

 

カウンセラーになるためには、通信講座では実践に臨めない‥と思い、セミナーにも通いました。

在宅カウンセラーとしての活動も始めていきました。 そして‥段々と、わかっていったんです。

 

①〜⑤‥  意識上は、クリアしているようでも、無意識(潜在意識)の中に‥  まだまだ自分の心の未熟さが、沢山隠れていたのです。

 

カウンセラーは、クライエント様の悩みを聴くところに辿り着く‥前段階がある‥  ということに気付きました。

カウンセラーも人間であり「心」があるので、心理学を学ぶことで、まず‥自分の心と直面化することになるのです。

 

自分の気持ちは自分が一番わかっている!いえ、そうじゃなかったんです。

 

カウンセラーに必要なこと。①〜⑤も大切ですが‥  

⑥自分の心を知る努力をしている(自己分析をする)

私は、これを付け加えたい!むしろこれが一番大切かもしれないと思います。

 

しかし⑥は、苦しい時もあります。私は体感したので、知っています。

だからこそ、これからも努力したいことです。

☆☆☆

 

私のブログ‥振り返って読んで頂けると、自己分析エピソードが色々あります。

特にこの話は、私の心の中にある‥親から植え付けられた「決めごと」を、外すことが出来た。‥わかりやすい内容になっています。ご興味あればぜひ!

「決めごとから楽になるには‥」

https://satomi-tanaka.hatenadiary.jp/entry/2019/07/30/221616

f:id:satomi-tanaka:20201104205849j:image

☆☆☆

 

私は最近、2回にわたり‥オンラインで「自我機能」という講座を受けました。

こちらは、Facebookでフレンドの、カウンセリングつばさ代表・津流雅希さんの、オリジナルの講座です。

 

カウンセラーでもあり、講座の講師でもある‥津流先生の授業は、実践と結び付けて話して下さり、わかりやすいです。

まず‥「カウンセラーは 自分の心を知ろう」

この心構えが、私と同じであるということが、とても嬉しく‥とても共感しました。

 

 

「自我機能」講座での学びは‥早速、私の心の中で眠っていた「潜在意識」に、揺さぶりかけてきました!

クライエント様が、カウンセリングで‥自分も知らなかった「無意識」に気づくのと同じです。

ずっと眠っていた‥生まれたての「意識」です。

大切に向き合って、自分の心で整理しているところです。    お伝えできる形になれば、いつかまた☆

☆☆☆

 

さてさて‥話は冒頭の質問に戻ります!

「学べば学ぶほど深まり‥自分の人生を豊かにするものは?」

 

皆さんは、どんな答えでしたか?

スポーツ?何かハマっている趣味?

特に思い浮かばなかった? ‥それもありですよ☆

 

どんな答えも‥人生を豊かにすると思えるものなら、大切ですね。

特に思い浮かばなかった方も‥  いいのです。それが今の答えです。無理に見つけようとしなくて良かったです。

 

どんな答えでも‥これは、今のあなたの心の中の意識が答えたものです。

 

もしも「生まれたての意識」見つけたくなったら‥カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

 

あ!それから‥津流先生の講座もおすすめですよ☆

☆田中里美☆

 

《 今日の空色 》ガラス玉越しに見た景色は‥逆さまに写っています。見て、空が下にある〜☆  でも、もしかしたら‥こっちが本物の空かもしれない。大切なのは‥目に見えているものより、心が感じているものだと思う。

f:id:satomi-tanaka:20201104220132j:image

*田中里美・カウンセリングご案内*

https://www.uraraka-soudan.com/listing/position/8

f:id:satomi-tanaka:20201104221101j:image

 

ママランチで「愚痴大会」になる理由(笑)

f:id:satomi-tanaka:20201029225541j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

異性の心理、理解出来ない時ってありますか?

 

私はあります!

私の家族は、主人・長男・次男‥  

男性・男子に囲まれてますが‥  三人三様ながら‥

理解し難い時があり、解らないなぁ‥と、思ったりします。

 

きっと‥男性側からも‥

「こっちこそ、女はわかんないぞ〜!」という声が聞こえそうですね(笑)

 

私は、幼なじみに、女の子だけど、自分を「ぼく」と言い、絶対にスカートを履かない子がいましたが、私にとって‥それは、彼女の個性でした。

 

男は男らしくなきゃ!

女は女らしくなきゃ!

‥とは、思いません。

色々な個性があっていいと思います。

 

しかし、様々な研究から、明らかに「脳の作り」が自体が違うと言われています。

だから、理解し得ないのだと‥

☆☆☆

 

この特徴をまとめた有名な著書があります。

 

「話を聞けない男 地図が読めない女」

著者・バーバラ・ピーズ、アラン・ピーズ

*内容*

そもそも男と女は別の生き物であるという事が大前提で、自分が思っていることを相手も同じように思っていると思っても無理である。
男は命がけで狩りに出かけ、それを女と子供達にたべさせる。

子孫を反映させるという役割を担っていた。

女は子供を育てる為に、周囲に危険はないか監視し、家の周囲の狭い範囲を動き回る能力が発達し、周りの女達とのコミュニケーション能力も磨かれていった。

このようにそれぞれ違う役割を持って何十万年も続いていたので、脳にその習性がインプットされているため、当然のように男は気が利かないし、一つのことに集中するので複数のことを同時にできない。
女は空間能力が劣っているので、地図が読めない、縦列駐車ができない、おしゃべりであるといった習性が見られる。

人間が現在に至るまでの歴史から考えれば当然である。

なるほど〜‥と思います。

そしてこれは、生まれ持った「身体の性」と「心の性」は、一致していても、「脳の性」は、一致していないことが時々あるようです。

 

だから‥  トランスジェンダーではなくとも、

男っぽい気質の女性がいたり‥

細やかな気配りが出来る‥女性脳の男性もいるのです。

 

上に、私があげた友人は‥「男性脳」の持ち主だったのかもしれないです。

☆☆☆

 

話は変わります。

コロナ禍で、なかなか企画出来なかった「ママ友ランチ」が、先日やっと実現しました。

 

いつもなら、少なくとも半年に一度は、集まっていたのですが‥今回、一年ぶりでした。

f:id:satomi-tanaka:20201029225614j:image

話題は‥近況報告・コロナ禍のこと・子どものこと・仕事のこと‥などなど、

話題は、たくさんあるのですが‥最後の方は決まって‥どのママも「旦那様の愚痴」です。

 

①3か月の自粛中に、旦那様がリモート在宅勤務になり、自分はパートがあるのに、子どもだけでなく、旦那様の昼食も用意しなきゃならないから、ストレスだったとか‥

②子どもが熱を出しても、家事を手伝ってくれるどころか‥「夕飯まだ?」と、催促してくるとか‥

③食事が済んだら、ソファーに横になり、そのまま眠ってしまい‥お風呂が朝になるとか‥

 

私のママ友たちは、夫婦仲良しな方であると思います。内容から、深刻そうではないですが‥こんな感じの愚痴が‥出てくる出てくる‥

 

上記に書いた‥①②③

きっと‥旦那様は悪気はなく「男性脳」であるが故の行動なのでしょう。

ママたちは、旦那様に言わなくても‥「どうして察しないの?」と思うので、不満になります。

そうそう「察しない男・説明しない女」という著書もありました。まさにこれですね。

 

そして‥「共感してくれる‥自分と同じ女性脳のママ友に、聴いてもらいたい!」‥だから、ここぞとばかりに、愚痴大会になるのでしょう。

☆☆☆

 

こうして‥人の話は、メタ認知して「男性脳だから〜」なんて、冷静に聴けるのですが‥

私も、自分のこととなると‥そうはいかなかったりします。

 

私の主人は、子どもと遊んでくれるし、世話してくれる‥イクメンパパではありますが‥かなりマイペースです。

 

忘れもしない‥

長男がもうすぐ小学校入学‥という春‥桜の花を見ながら家族で散歩していた時のこと‥

桜の中で、はしゃいでいる長男を見て‥感慨深いものが、私の胸を熱くしました。

 

私‥「なんかさぁ‥早いよね。もうすぐ(入学)なんだね。本当にいよいよだなぁ〜」

 

主人‥「そうだね、楽しみだなぁ〜早く行きたいよ。」

 

会話が噛み合っていないことに、私は直ぐに気づきましたが、主人は全く気づきません。

 

説明するまでもなく‥私は、長男がもうすぐ入学だねと、しみじみ語りたかった。

 

では、主人が「早く行きたい」と言ったのは??

この散歩道の先に‥もうすぐオープンする予定の、カー用品のお店の看板が見えていたのです。

主人は、新しい「カー用品の店」に行くのが楽しみだということを言っているのです。

 

悪気が無いのはわかっているけど、子どもを最優先に考える母親としては、モヤモヤした出来事です。

今となっては‥笑い話ですが‥(笑)

☆☆☆

 

理解出来ないし、理解してもらえないから‥モヤモヤするし、時には腹が立つけれど‥

だからこそ‥こんな発想もあるんだな‥とか‥面白いし、補い合えることもいっぱいあります。

 

同性だから理解出来るものと、同性だからこそ理解出来ないものもあるし、そもそも‥他人の心は簡単に理解出来なくて当たり前です。

こんなものは、一つの特性に過ぎないのかもしれません。

 

 

私は‥可愛いものや綺麗なものが好きだし、家事・育児の中に「楽しさ」を見出だすことが出来ています。

この様な特性から‥完全に「女性脳」かなと思いきや‥「変わっているね」と言われることも多々あり、それが「私らしさ」かな‥と、思ったりします。

 

久しぶりの「ママ友ランチ」も、心理学のフィルターを通して見ると、色々な発見がありました。

 

懐かしい‥よちよち歩きの長男連れての‥公園デビューから、ずっと友達でいてくれる彼女たち。

自粛中も、何かあればLINEして「繋がっている」ことが、励みや安心になりました。

弱音・愚痴も‥言っていい「ありのままの自分」でいられる場所があることに、感謝です。

 

それにしても‥ぺちゃくちゃと、ドリンクバー4時間コース☆楽しかったです。

この楽しさ‥  男性には、理解し難いかもしれないですね(笑)

f:id:satomi-tanaka:20201029225628j:image

☆田中里美☆

 

《 今日の空色 》旦那様が働いてくれるから‥経済的に困らない。奥さんは‥家事・育児・パートって‥あれ?こっちの方がやること多い?? 様々な事情により‥役割交代してる夫婦もいる。だけど‥多くの夫婦はこの役割分担してる。正解はないけど、私自身は「お帰りなさい!」って‥言う方が好き!だから‥これでいいと思う。

f:id:satomi-tanaka:20201029231425j:image

 

*田中里美・カウンセリングご案内*

https://www.uraraka-soudan.com/listing/position/8

f:id:satomi-tanaka:20201029231219j:image

ブログ3周年記念に‥思うこと☆

f:id:satomi-tanaka:20201022193112j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

私が、心理学エッセイ・コラムを書くようになり、この10月で‥まる3年が経ちました!!

 

 

私は、心理カウンセラーとして活動するずっと前から‥「mixi」というSNS にて、育児日記・日常の呟きを載せていました。

mixiのやりとりはとても楽しく‥  長男が1歳の時〜10年以上続けている 私の趣味の一つです。

 

そんな私の趣味を話したら「心理学記事を書いてみない?」と、声をかけてくださったのが、当時所属していた‥カウンセリングルームのMさんでした。

Mさんが、背中を押してくださったことが「新しい世界への一歩」となり、今に至ります。

 

最初は‥カウンセリングルームのコラムとして、HPに載せて頂いていました。

 

2年目の春に、この個人ブログ「空色のこころ」に引っ越しました。

気づけば‥総・記事数‥114!

一つ一つ‥私の実際の経験からの、心の学びや気づきを自己洞察し書き上げている‥私の心の開示です。

☆☆☆

 

☆私がブログを書くときに気をつけていること☆

①書きたい時に、書きたいこと‥を書いています。

②「書かなきゃ!」という気持ちのときは、書くのをやめています。

「〜ねばならない」だと、文章に気持ちが入らないのです。

③基本的に「現在進行形の悩み」は書かないようにしています。例え‥解決・解消はまだしていなくても‥自分の中で、ある程度まで心の整理がされ、何かを見つけたり‥前を向いて歩いている感覚のあるものを、開示しています。

④読者様の心に届くよう‥私なりに工夫しています。

自己満足の世界ですが‥小さな共感でも嬉しいし、どんな感想でも‥有り難いです。

 

 

無理なく自分のペースで、コツコツと‥3年間、続けてこれたのは、私にとって‥心を開示する文章を書くことは、好きなことであり、楽しいことでもあったからです。

 

「楽しめる」から「意欲がある」

だから‥「続ける」ことが苦ではなかったのだと思います。

 

どう書くと伝わるかな‥と、考える時間は‥時に苦しいですが、こんな時こそ‥新しい自分と出会い、予定していたコラムと違う内容になったり‥

この時間は、私にとって‥大変意味があります。

☆☆☆

 

さて、今回は‥個人ブログを立ち上げてから、初めて書いたコラムと、ブログ名「空色のこころ」の、私の想いを書いたコラム‥

改めて‥こちらにURL貼ります。

読んだことない方、お時間ある時にでも‥覗いて頂けたら幸いです♡

 

溢れる想い〜発達心理学シリーズ①〜

https://satomi-tanaka.hatenadiary.jp/entry/2019/03/30/074424

f:id:satomi-tanaka:20201021231609j:image

 

空を見上げてみませんか?

https://satomi-tanaka.hatenadiary.jp/entry/2019/07/18/200137

f:id:satomi-tanaka:20201021231620j:image

☆☆☆

 

☆長期にわたり‥読者になってくれている方へのお知らせです☆

ここらで少し‥記事の整理をします☆

理由は、過去の記事ほど‥今読むと、今だから見えるものが加わりはじめた自分に気づいたからです。

 

そんなわけで、個人ブログになる前の記事44作は、一度しまいました。

私の「大切な歩み」として、アルバムに綴じます。

 

内容をより良いものに練り直し、深めてから、再投稿したくなるかもしれません。

 

もちろん‥基本は、新しいものを投稿しますが、もし、前に読んだかも!?‥という内容がでてきましたら、このような理由です。

☆☆☆

 

我々は 長く生きるほどに 何と僅かなことしか知らないのか‥

成長して歳を重ねるということは 面白い冒険であり 驚きに満ちている。

 

僅かなことしか知らないのに いかにも多くを知っているかのように語る人がいる。

他人から聞いた知識や体験談なのに いかにも己のそのもののように 語る人がいる。

愚かな行為であると 知らないからである。

 

些細なことでも疑問に思えば すぐに調べて知ろうとする人がいる。

未知のことで少しでも興味が沸けば すぐに体感し 五感で学ぼうとする人がいる。

無知であると知っているからである。

歳を重ねるということは それだけ考え 行動しているという証拠である。

 

その証拠を 証明することが出来るか‥

何をもって「年の功」と言えるのか‥

 

高学歴・資格の数だけで 偉いのではない。

「無知であること」を知り

謙虚さが増した分だけ 偉いのではないだろうか。

 

知るもの が 増えた時 

知らないこと も 増える

挑戦と驚きの連続であることを 楽しまずにはいられない。

〜エリク・H・エリクソン〜  心理発達・提唱

 

 

私は、エリクソンの言葉に心打たれます。

 

私は、色々な経験をしましたし、これからもしていくでしょう。

どんな小さなことでも、気づきを得たら、自己洞察のチャンスです。

 

経験から得たものは‥自分の学びとなり、宝です。

しかし‥自分は、まだまだ‥知らないこともたくさんある「無知である」ことを認めています。

心理学は「学び続ける」ものであり‥もっと知りたい!‥と、わくわくします。

私はそれを、自分の強さだと思っています。

 

 

さて、ブログ3年記念!!

‥てことで、今回はブログの、3年間の紹介をさせて頂きました。

これからも‥「空色のこころ」と、田中里美を、よろしくお願いします。

☆田中里美☆

 

*田中里美・カウンセリングご案内*

https://www.uraraka-soudan.com/

f:id:satomi-tanaka:20201023071857j:image