空色のこころ

心理カウンセラーの田中里美です☆よろしくお願いします

☆ブログ休止のお知らせ☆

f:id:satomi-tanaka:20211008190907j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

改めまして‥ブログ休止のお知らせです。

 

休止の理由は「ブログ4周年に思うこと」に、書いてありますので、良かったら覗いてください(^^)

 

どのくらいお休みするか‥

また再開するか‥  

予定は未定な状態です。

 

もう既に‥心理学エッセイのネタが、頭の中に溢れてきて、書きたいです(笑)

何かを発信したい気持ちがうずうず‥(^^;;

私は、ブログ→Facebook‥という「自己開示」の場が、本当に大好きだったのだなぁ‥と、思い知らされてます。

 

だけど‥  カウンセラーとして、どのくらい自己開示するか‥に迷いが生じた以上、

「自分の納得いく物差し」を、探すため‥

いずれは、通る道だったのだと、思っています。

 

ここ2年は‥週イチで更新してきましたので、私のライフワークみたいになっていました。

自分にとって居心地の良い場所を手放して、外側から見つめてみること‥

今の自分には、必要な時間であり‥ これは、前に進むチャンスです☆

 

全く苦しくないと言えば嘘になりますが、きっと何かの答えを見つけられると思っています。

そして‥いつか、この葛藤を、懐かしく思い出す日が来ることでしょう(*^^*)

 

お読み頂き、ありがとうございます☆      

☆田中里美☆

 

*期間限定・ご案内*

f:id:satomi-tanaka:20211008191112j:image

ブログ4周年に思うこと☆〜心の葛藤と休暇〜

f:id:satomi-tanaka:20211002230226j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

私が、心理学エッセイ・コラムを書くようになり‥まる4年が経ちました!!

 

私は、心理カウンセラーとして活動するずっと前から‥SNS にて、育児日記・日常の呟きを載せていました。長男が1歳の時〜10年以上も続けている私の趣味の一つです。

 

そんな私の趣味を話したら「心理学記事を書いてみない?」と、声をかけてくださったのが、当時所属していた‥カウンセリングルームのMさんでした。

Mさんが、背中を押してくださったことが「新しい一歩」となり、今に至ります。

 

最初は‥カウンセリングルームのコラムとして、HPに載せて頂いていました。

2年半前、この個人ブログ「空色のこころ」に引っ越し、気づけば‥総・記事数‥160☆

一つ一つが‥私の実際の経験から、自己洞察し書き上げていますので、読み返すと、その時の心に戻れる‥「心のあゆみ‥?アルバム?」みたいな感じです。

☆☆☆

 

☆ブログを書くときに気をつけていること☆

①書きたい時に、書きたいこと‥を書いています。

 

②「書かなきゃ!」という気持ちのときは、書くのをやめています。文章に気持ちが入らないからです。

 

③「現在進行形の悩み」は書かないようにしています。例え‥解決・解消はまだしていなくても‥自分の中で、ある程度まで心の整理がされ、何かを見つけたり‥前を向いて歩いている感覚のあるものを、開示しています。

 

④読者様の心に届くよう‥私なりに工夫しています。

完全に自己満足の世界ですが‥  小さな共感でも嬉しいし、どんな感想も‥有り難く受け取っています。

 

コツコツと‥4年間、続けてこれたのは、私にとって‥心を開示する文章を書くことは、好きなことであり、楽しいことでもあったからです。

「楽しめる」から「意欲がある」

だから‥「続ける」ことは苦ではありませんでした。

熱心な読者になって下さっている方は‥もしかしたらお気づきかも??

実は上記は、去年のブログ‥「ブログ3周年に思うこと」の、「3周年」の部分を「4周年」に、記事の総数を、現在の総数に変えただけで、あとは同じです。

 

この一年も、ブレずに同じ気持ちで同じように‥①〜④を意識して、記事を書いてきましたので、私が、自分のブログへの想いを綴るには‥欠かせない前置きなのです。

決して‥  手抜きしたわけではないのですよ☆ 笑

☆☆☆

 

☆ここからは‥読者の皆様にお知らせです☆

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

飾らずに正直に‥お話します。

 

最近、①〜④を意識して、ブログを書くことが‥少し難しくなってきた自分に気付きました。

 

私の心は、日常の出来事を、無意識に「心理学」のフィルターを通すことが癖になっていますので、ブログに書きたいネタは、沢山あります。

いつも、書きたいことが心に溢れているといっても、過言ではありません。

 

ただ‥ここ最近、自分が書く内容に心がざわつき、ストップすることが度々ありました。

完成しても‥「投稿」を、押せなくて、ボツにした記事が積み重なり‥スランプでした!

 

過去に投稿したものも‥幾つか削除するにまでなり、この「スランプ」の理由は何か、自分と向き合ってみて‥わかったことがありました。

 

私は、カウンセラーとして開示出来るものの幅が、以前より狭くなってきたのです。

 

これを書きたい →書いてみる →心を入れて書くと熱が入るし日常を曝け出す内容になる →カウンセラーとして開示することに躊躇する気持ちがストップをかける →ボツ!(^_^;)

 

ボツの記事を読み返してみると、以前の私なら‥ストップをかけず‥投稿出来たものだった気がします。

 

しかし‥感情豊かに・熱が入った文章しか書けない性分で「熱」を取ると‥自分の心からの文章じゃない!‥と、納得いかないから困ったものです。

自分はここで‥ぐるぐると葛藤しているのだと、理解しました。

☆☆☆

 

そんなわけで私は、しばらく‥ブログの在り方についての「葛藤トンネル」に行ってきます☆

f:id:satomi-tanaka:20211003081845j:image

大好きなこの場は、居心地が良く‥手放したくないのですが、まず‥離れてみることで、客観的に考えられると思います。

 

離れてみると、何かが見つかる気がします。

熱が入ろうが、赤裸々だろうが、私は投稿したい!‥と、ストップがかからなくなるか‥

または、適度な熱量で、開示出来るようになるか、

今の自分には、必要ないと判断するか‥

全く違うスタイルのブログ内容にするか‥

 

自分でもまだわかりませんが、、、

迷いながらの投稿はしたくないので、ブログをお休みしますこと、お伝えします。

 

☆長くなりましたが、今回は「自分らしいブログ」が書けたので、投稿出来そうです(^^)

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 

Facebookには「日常の気づき呟き」など、投稿させて頂きますので、お付き合い頂けたら嬉しいです。

☆田中里美☆

 

《 今日の空色 》心がざわついたら‥空を見上げて考えます。苦しい時は、晴れた青空でも、憎らしく感じます。そんな時は自分と向き合う→葛藤のトンネルに入る→何かを見つけてトンネルを抜ける→曇り空でも雨空でも清々しく感じる!‥そうです、自分の心は、自分で満たすものなんですよね。カウンセリングも同じです。カウンセラーはお手伝いに過ぎず‥答えはクライエント様の中にあります。

f:id:satomi-tanaka:20211002224426j:image

 

*カウンセリング・期間限定ご案内*

f:id:satomi-tanaka:20211003233239j:image

「マスク」にまつわる孤独感

f:id:satomi-tanaka:20210924165604j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

withコロナ‥なかなか出口が見えず、心穏やかにはなれない日々が続いています。

人との繋がりの希薄さが「孤独感」を生み、問題となっているのは、言うまでもありません。

 

私たちとはまた「別の感覚」で‥約34万人の方が、コロナ禍により「聴こえない孤独」の世界で苦しんでいることを、ご存知でしょうか?

 

約34万人‥それは、聴覚障害をお持ちの方々です。

聴覚障害の方は、相手の唇を読んで‥相手の言葉を受け取ります。

聴覚の障害を「視覚」で補うため、唇を読む訓練をしているのです。

彼等にとっては「唇の動きや表情」は、相手と気持ちを伝え合うために重要な「アイテム」です。

 

今までは、買い物に行っても‥店員さんの唇を読んで、何て言っているのかを理解出来たので、声は聴こえなくても「人の唇を読む=聴こえる」という、安心感がありました。

 

しかし、コロナ禍の今、日本中がマスクをしているため‥彼等は、周りの人の唇を読めず「聴こえない孤独」を、強く感じているのです。

☆☆☆

 

保育士時代、私のクラスの保護者に、聴覚障害者のお母さんがいました。

私は、その方に連絡事項などを話す時は「筆談」にしようと思いました。

 

しかし、彼女は私に「先生、私に顔を見せて‥ゆっくり話してください。私は唇の動きを読めるから、先生が何て言ってるかわかります。」と、メモに書いて教えてくれました。

 

「お母さん、○○くん今日も元気でした。これ‥連絡帳です。お手紙も入っています。読んでください。」

  ↑

顔を見せて‥ゆっくり口を動かして話すと‥

彼女は「わかりました!先生ありがとう!」‥と、僅かな発声と、身振り手振り、表情で‥伝えてくれました。

 

以来、筆談は必要なく、コミュニケーションをとることができました。

こうして‥私は、聴覚障害の方とのやりとりを体感し、知らなかった世界を知ることが出来たのです。

 

彼女は笑顔の素敵な方で、お子さんは、お母さんの障害を理解していて‥  お母さんと会話する時には、顔を見せて‥ゆっくり口を動かしていました。

 

その子には聴覚障害はありませんでしたが、誰とでも、必ず顔を見て話すようにしていて、人と仲良くなるのが上手でした。

 

「お互いに顔を見て話すこと」って‥  相手と近くなれる魔法かもしれないですね。

☆☆☆

 

話を戻します。

今、聴覚障害者の方々が感じている‥「聴こえない孤独」が、どんなものが‥ 想像してみて下さい。

 

ニュース番組で、新しい情報を伝える議員は、みんなマスクをしていますが字幕は出ません。ですから‥彼等には、新情報が聴こえません。

 

街中で‥話しかけてくる人がいても、マスクの生地が動いているだけで、彼等には、何も聴こえません。

 

日本中が「マスク」で、口が見えないので、聴覚障害のある方は、

唇を読む=聴こえる=安心感 ‥を失ってしまい、

聴こえない孤独=不安感 ‥辛いだろうと思います。

f:id:satomi-tanaka:20210924165344j:image

「マスクをすること」は、感染対策に必須であるため、仕方ないことです。

しかしそこには‥聴覚障害の方の「聴こえない孤独」や、体質的な悩み(感覚過敏・肌荒れ)をお持ちの方の辛さなど、たくさんの苦しさが潜んでいます。

 

私達は、こういう思いをしている方々もいることを、知っておくだけでも、何かの時に‥小さな心遣いが出来るかもしれません。

☆☆☆

 

あるラジオ番組で「コロナ禍の苦しさ‥ベスト5」を、リスナーから募集していましたが、様々な意見があり過ぎて「ベスト5」は、決められない結論となっていました。

 

それぞれの立場・それぞれの世界の中で‥  どう感じ、どう捉え、どんなことが苦しいか‥  みんな違う。相手の苦しさは解らないけれど、解ろうとしてみること、大切です。

 

 

マスクは外せないけれど‥  相手の顔を見て‥目を見て話をし、気持ちを伝え合いたい。

そんなことを感じた私でした。

☆田中里美☆

 

《 今日の空色 》一人は辛い‥だけど、大勢の中にいて感じる「孤独」は、もっと辛いですよね。周囲と比べて、自分だけを異質に感じ、不安になったことないですか? 孤独や不安‥を、救ってくれるのは、誰かの笑顔かもしれません。

f:id:satomi-tanaka:20210924200314j:image

 

*カウンセリング・ご案内*

https://www.uraraka-soudan.com/listing/position/8

f:id:satomi-tanaka:20210924184928j:image

「同調圧力」〜意識化のすすめ〜

f:id:satomi-tanaka:20210918204514j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

一昨日、ワクチン2回目の接種をしてきました。

まだ副作用でだるいですが、頭痛が無くなり大分楽です。

今回は「ワクチン接種と人の心理」について、考えてみました。

 

センシティブな内容につき、賛否両論‥あるかと思いますが、問題提起の意味も含め‥ここに書きます。

ご意見などあれば、有り難く受け止めます。

☆☆☆

 

コロナ禍で、あまり人と会えませんが‥  街中でバッタリ会った友人や、職場や、ネット上でも‥挨拶がわりに、ワクチンについての情報交換をしている‥そんな場面をよく見ます。

 

↓ 例えば、こんなふうに・・・

 

A「Bさん、ワクチンの 予約とれた?」

B「ええと・・・まだなのよ。Aさんは?」

A「1回目終わったところだよ。」

B「そっかぁ‥」

A「副作用がさぁ、熱と倦怠感で辛かったよ。」

B「そっかぁ‥」

A「○○医院、予約取れやすいって聞いたよ。早くした方がいいよ!直接電話してみなよ!」

B「そっかぁ‥   ありがとう。」

 

皆さん‥

上記の‥AとBの会話に、違和感を感じませんか?

  ↓↓

少し‥考えてみてください。

  ↓↓

私は違和感を感じます。どんな違和感かというと・・

 

Aさんが、Bさんに‥ 「ワクチンを受けること前提」で、問いかけているところです。

 

上記の場合、Bさんはそもそも「受ける」つもりがあるのか無いのか‥迷っているのか‥言語からでは解らないですね。

でも、完全に「聞き役」に徹していて、ワクチンの話題にとびついてはいません。

 

もしかしたら‥ Bさんは、

「ワクチン接種するかを迷っていたり、接種しないと決めている人」だとしたら、どうでしょうか?

 

その場合「接種することが当たり前」という、Aさんの温度に対し、Bさんは、苦しさを感じるように思うのです。

更に‥聞かれてもいないのに「早くしなよ○○医院に直接電話しなよ」というのは、アドバイスの押し付けに聞こえます。

Aさんは親切のつもりですが、Bさんの真意は‥どうだったのでしょうか?

☆☆☆

 

ワクチン副反応の重篤な様子を聞いて‥怖い。

異物混入のニュース観てしまい‥怖い。

体質的に不安がある。

体質的にそもそも‥接種が無理である。

自分だけじゃなく人への感染リスク軽減を考えたら、打たなきゃいけない気がするから、受けないことに罪悪感がある。

 

↑  この葛藤の中、苦しい状態の人がいて、当然だと思います。実際に私の友人にも数人います。

 

ワクチン接種は、してもしなくても‥ リスクを伴いますから、

十分に葛藤して、自分で決める権利があるはずです。

決めるのは自分でいいはずです!

 

受ける=多数派

受けない=少数派 

 

少数派の方々が「私は受けない」と、言い辛く、責められると感じる世の中になっていて、

多数派=正しい‥という、多数派に合わせるよう、強制されているような暗黙のルールを感じませんか?

この感覚を「同調圧力」といいます。

 

受けない人には「受けない理由」があります。

本当は受けたいのに、受けられない体質の人だっています。

 

ここで‥同調圧力により「何で受けないの?」「受けた方がいいよ」とか言われたら‥かなり辛いと思いませんか?

 

私は私の考えにより‥家族全員、受けることに決めましたが、迷いや怖さが、全く無かったわけではありません。

f:id:satomi-tanaka:20210918214847j:image

インフルエンザの時のような‥倦怠期がなかなか消えなかったので、子どもたちも接種するかと思うと、胸が痛みます。正解はないですよね。

☆☆☆

 

昔から日本は‥「みんなと同じ」が好まれる傾向があり、人と違うと「良くない」みたいな同調圧力の国民性があり、今回のコロナ禍でも、様々な場面で感じます。

 

私が今回このブログを書いたのは‥

副作用が怖くて受けたくない‥だけど周囲の同調圧力により受けなきゃ‥と、悩んで寝不足→鬱になりそうだという友人の話を聴いたからです。

 

私は、目に見えない相手(ウイルス)に、振り回される彼女の「心のリスク」の方が‥心配になりました。

 

彼女のように悩んでいる方がいたら「協調性と、同調圧力は違うという」ことを伝えたいです。

 

 

☆接種を終えた皆さんへ☆

無事に接種が終わり‥まだの方に「ワクチン」の情報をお伝えする親切心、共感します。

ただ、受けること前提での問いかけではなく、まず受けるかどうか‥から聴いてみることをおすすめします。

予約取れやすい医院・副反応の様子・受けなきゃいけないという言い方・何故受けないの?という質問・・・などなど‥デリケートな話題ですから、相手がどう感じているか、考えながら‥にしたいものです。

 

自分の「当たり前」が、相手にとっては「苦しい話」かもしれないということ。

ワクチンの話に限らずですが「同調圧力」をかけて、相手を苦しくさせていないか‥頭の片隅においておこうと思いました。

私自身も、戒めておきたいことです!

☆田中里美☆

 

《今日の空色》我が家の近くには「無人販売」で、新鮮な野菜が売っています。田舎で自然が豊かですが、害虫に悩まされてます。都内に住んでいる友人は、野菜が高くて美味しくないと言っていました。そもそも感じる心が違うし、見ている景色や環境も違うから‥人の話を聴くことが、どれだけ意識の拡大に繋がるか‥計り知れないなぁと、いつも思う私です。

f:id:satomi-tanaka:20210919095850j:image

 

*カウンセリング・ご案内*

https://www.uraraka-soudan.com/listing/position/8

f:id:satomi-tanaka:20210919102636j:image

SNSで起こる「炎上」について考える〜問題提起〜

f:id:satomi-tanaka:20210817231027j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

皆さん‥「SNS」は、やっていますか?

 

顔の見えない相手と文字でやりとりすること、

不特定多数の相手に発信すること、

ここには‥リアル世界とは違う手軽さや、楽しさ面白さ‥  があります。

しかし‥リアル世界では起こらない苦しさや、トラブルもありますね。

 

 

最近、YouTube動画配信から‥Twitterが炎上したという、メンタリストDaiGoさんのニュース‥ご存知でしょうか?

とても考えさせられたので、ブログに残しておこうと思います。

 

 

☆メンタリストDaiGo☆ メンタリスト・作家活動や、企業の研修やコンサル・現在は、YouTuberとして動画配信の活動もしている。豊富な知識を生かしての、辛口マシンガントークがウリである。

 

☆今回の炎上の内容☆  先日‥YouTubeにて「超激辛・科学的にバッサリ斬られたい人のための質疑応答」と題しライブ配信中、視聴者からの質問に「生活保護受給者や、ホームレスに対する持論」を展開した‥明らかな差別発言であり、炎上となった。

    ↓↓

「ホームレスの命はどうでもいい」

生活保護の人たちに食わせる金があるんだったら、捨て猫を救ってほしいと僕は思う」

「自分にとって必要もない命は軽い。だからホームレスの命はどうでもいい。正直、邪魔だし、プラスにならない」    

これらの発言は、生活困窮者の支援団体の関係者などから、批判の声が相次ぎ、問題の動画は削除された。

「僕を叩いている人よりも、僕は彼らを保護している。税金を多く支払っているのだから!」‥と、更に炎上に火をつける発言をした。

    ↓↓

その後、謝罪動画を配信するが‥言い訳や、論点をずらした内容であり、更なる炎上となった。

    ↓↓

翌日‥改めての「謝罪動画」を配信。「今回の自分の発言は間違っていた。多くの人を傷つけてしまった。」という心からの謝罪をした。今までの動画とは別人のようで、涙ぐむ様子も見られた。

    ↓↓

しかし・・謝罪が嘘くさいなど、いまだに炎上はおさまらない状態であるらしい。

 

 

私は、彼のYouTubeは、数回観たことがありました。知識量には脱帽ですし、トークで魅せる力も感じましたが、自分が全て正しいという物言いが、好きにはなれなかったのが、正直なところでした。

これまでの動画も、バッサリと切るような内容に、賛否両論が起こりやすく‥批判炎上を想定していると思われるものが多かったようです。

☆☆☆

 

私が今回、この件をブログに取り上げたのは、DaiGoさんを批判するためではなく、擁護するためでもありません。

「問題提起」として、考えてみようと思ったのです。

 

明らかに「ホームレスや生活保護受給者など、生活困窮者に対しての差別的発言」は、聴いていて不快でした。「命の重さに優劣をつける」なんて、あってはならないことだと思います。

 

だけど‥私は、SNSで起きる炎上に対し‥心にざわつきを感じたのです。

 

問題発言をした本人

批判する人

怒りをあらわにする人

傷ついたからと、謝罪を求める人

謝罪が嘘くさい‥許せない‥と、怒る人

 

この状況を、遠くから客観的に‥冷静に見ると「あれ?」‥と思いませんか?

 

重ねて言いますが‥擁護ではないです。DaiGoさんは有名人で、影響力があるため‥尚更、責任を持って発言して欲しかったです。

 

 

私も不快に感じた一人です。

私の祖母は、生活保護受給者だったのです。

子ども心に‥祖母は大変だなとわかっていました。節約倹約‥の、質素な生活を近くで見ていました。

生活保護」は‥健康的で文化的な最低限度の生活を送るための国からの援助です。

これは‥働いて収入を得るのが難しいと、自ら申請し、審査に通ったものが受け取れる‥「生きるための資金」であり権利です。

 

社会的弱者の「権利」を否定する発言は「聞きたくなかった言葉」です。

だから‥私は彼のYouTubeはもう観ないと思います。

 

ですが‥炎上に参加し、いつまでも怒っている方たちに対しては、疑問が湧いてきます。

 

不快なら何故、再びYouTubeを観るのでしょうか?

DaiGoさんのTwitterを開くのでしょうか?

 

SNSYouTubeには、不快なら‥「聞かない」「見ない」という選択肢もあるのに、むしろ人が集まっているのです。

☆☆☆

 

リアル世界では‥相手の不快な言葉を、聞きたくなくても‥逃げられないことがあります。

例えば‥職場の上司のモラハラ発言、毒親の理不尽な命令など‥

聞きたくなくても‥逃げられない状況かもしれません。それに対して‥何か反応を返さなくてはならないしんどさも、共感します。

 

でも‥YouTubeSNSは、違います。

不快なら‥開くのをやめればいいのです。

f:id:satomi-tanaka:20210817231216j:image

よくある「芸能人の不倫ニュース」にも、批判する人が現れ、謝罪しろと怒る人がいるのも‥私は不思議でした。

これは‥夫婦の問題だと思うからです。

 

その芸能人はイメージが悪くなり、ファンに幻滅されることが予想されます。視聴率が落ちたりCMからおろされたりは、自業自得ですね‥と思っちゃいます。

 

だけど‥批判炎上には、私は疑問が湧くのです。

怒らなくていいことに怒り、

傷つかなくていいことに傷ついていませんか?

 

SNSで、誰かの発言に対し、嫌だな不快だな‥と感じる心があったなら、その感情を否定せず感じてから、自分は何故不快に感じたか?怒りを感じたか?考えてみることをおすすめします。

 

「心のざわつき」には、全て理由があります。

理由=意図=心 です。

 

炎上に参加する人には、参加する意図があるのでしょう‥  それは、不倫芸能人や、DaiGoさんは、心をざわつかせた「きっかけ」に過ぎません。

 

 

この件は、賛否両論あり、多方面からの意見あることと思います。

今回の炎上に対し、私が感じたことを‥私の心で読み解いて書いてみましたが、また全然違う意見もあるだろうな‥本当に難しい問題ですよね。

考えること‥大切だなと改めて感じました。

カウンセラーとして、もっと学んでいきたいです。

☆田中里美☆

 

《 今日の空色 》スマホの中には‥自分だけの世界がある。スマホの向こうに相手がいること‥相手は全然違う景色を見てるかもしれないこと‥考えることを忘れずにいたい。そして‥周りの景色や空や、人の顔を見ることを、忘れないでいよう!こっちが自分の現実だから!

f:id:satomi-tanaka:20210817231417j:image

*カウンセリング・ご案内*

https://www.uraraka-soudan.com/listing/position/8

f:id:satomi-tanaka:20210817231720j:image

それでも地球は回ってる!〜森田療法の紹介〜

f:id:satomi-tanaka:20210810201310j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

「心理カウンセラーの先生でも、悩んだりしますか?」「悩んだ時、どうしますか?」

時々、クライエント様からこんな質問を受けます。

 

「そりゃ、私も悩むこと‥ありますよ〜」というお答えはしますが、どんな悩みで、どうしているか‥は、ここで語りません。

カウンセリング時間は、クライエント様が主役ですから、基本的に私の自己開示は控えています。

 

このブログは、苦しいとき‥どうやって自分と向き合ってきたか‥の、開示の場にしていますので‥  ご興味あれば、お付き合い下さい。

 

今回は私が、自分で自分をセルフカウンセリングする時に使っている療法の一つでもある‥「森田療法」を、改めてご紹介します。

 

過去ブログ記事はこちら↓

https://satomi-tanaka.hatenadiary.jp/entry/2021/04/20/212540

 

森田療法

精神科医である「森田正馬」提唱の、不安障害に対する独自の精神療法である。

不安などのマイナス感情を、無理に排除するのではなく、避けることの出来ないものであると捉え、「あるがままの自分」を、まるごと受容する。

不安の裏にある「よりよく生きたい」という欲望を、建設的な行動として、発揮していくという‥「行動すること」を大切にした療法である。

 

書籍やネット情報が多数存在し、少し違う観点のものも出ています。

☆☆☆

 

悩みが頭から離れない

心配事で気が重い

不安感や孤独感

 

憂鬱な心は、視野を狭くしていきます。

ネガティブ思考に捕まってしまうとき、誰でもありますよね。

 

森田療法では、マイナス思考や感情は、苦しいけれど‥そのままにします。

違う角度から捉えて‥プラスに変えることはしません。

否定したり、排除するこなく‥  ありのまま感じ、受け入れます。

「心は変わらなくとも良し」とするのです。

 

変えるのは‥心ではなく、まず「行動」です。

 

行動の意図を、

気分本位→目的本位 に変えるのです!

 

 

例えば‥「 仕事が憂鬱で行きたくない」のなら、そんな自分をしっかりと受け入れて認めてから‥

「仕事の目的」について考えます。

仕事の目的→生活費を稼ぐこと!‥だと思ったなら

 

「仕事をして生活費を稼ぐ」

    ↑この目的のために行動(仕事)します。

 

「憂鬱だから休む」だと、

      ‥気分本位となります。

 

1・マイナス思考は排除せず、受け入れること。

2・目的は何かを考え、そのための「行動」をする。

3・行動が「習慣」となれば強化される。

4・行動が習慣となると「当たり前」になってくる。

5・行動が変わると‥心も後からついて来る。

苦しさ優位の「気分本位」が緩まり、新しい景色が見えてくるかもしれない。

 

目的=仕事=生活費 ならば、「人に好かれたい」とか「認められたい」とか「出世したい」とかは‥考えなくていいのです。

 

人にどう思われようと‥目的と関係ない。

とにかく、淡々と目的(仕事)をこなしていく。

最初は小さな目標から‥だんだんと大きくしていき、行動出来たことが自信となる。

 

人は人、自分は自分!自分は自分の目的のため‥自分に出来ることを行動をするのみである。

周りを気にしなくなる→自分軸 となる。

 

少々荒療治なようですが‥

「心より先に行動を変え、心は後からついてくる」というわけです。

f:id:satomi-tanaka:20210810201643j:image

 

こうなれたら、気が楽になりませんか? 

憂鬱の原因は「周囲の人間関係」が絡んでることが殆どではないでしょうか?

確かに‥それは苦しいが、変える必要はない、何故なら‥「目的には関係ないことである」‥というルールを持つのです。

 

当然、抵抗があるかもしれません。

「周囲を気にしないなんて無理、目的本位なんて無理」と、思う方もいるでしょう。

でも、やるやらないは別にして‥イメージしてみるだけでも、今までと違う何かに気づくかもしれません。

☆☆☆

 

数年前、私は‥「森田療法」を学んだ時、目からウロコでした!!

 

何故なら‥私は、これを学ぶ‥ずーっと前から、気分本位ではなく「目的本位」で、生きてきていたのです。

マイナス思考に捕まっても‥「今の自分が出来ること」を目的設定し行動してきました。

もちろん‥もがきながら、苦しみながら‥です。

無意識に‥そうしてきたのです。

多分それが、私に合っていたのでしょう。

 

学生時代や保育士時代、苦しい時も、無遅刻・無欠席‥  でいられたのは、目的本位でいたからだと思います。

自分で自分の苦しさと向き合ってきた‥私の経験値であり、自信になっています。

☆☆☆

 

苦しさを排除せず‥自分の一部にしてしまい、

目的のためだけに行動する‥

 

そうしているとね‥

いつの間にか、時間が過ぎていき‥憂鬱な時間は終わっていたりします。

 

抜け出そうともがいていても、目的本位に割り切って行動だけしていても‥

 

変わらないものがあります

  それでも‥地球は回っているという事実!

     当たり前なこと‥言ってますが、、、

 

長い夜は明けて‥必ず朝が来るし、

やまない雨はないですし、

厳しい冬も終わり‥春がって来るのです。

 

「当たり前」なことに気づいて下さい。

以外と‥嫌なこと憂鬱なことも、時間の経過とともに、少しずつ‥形や質が変わり、一生このままじゃないはずです!

 

*注意点* 森田療法の「気分本位→目的本位」は、決して簡単なことではありません。過剰努力してしまいがちな方が「目的本位」重視し、行動を優先するのはリスクが伴うこともあります。森田療法にはその人に合わせたやり方があります。身体症状ある方や抑鬱傾向ある方は、医者や専門家への相談をおすすめします。

今回は基本理念のご紹介です。参考になれば幸いです。

☆田中里美☆

 

《 今日の空色 》向日葵の種は‥太陽の光と水分により、芽を出し‥茎や葉を伸ばし‥花を咲かせ、種を育て次の命に繋げていく‥という目的のために成長しているんですよね。そう考えてみたら、いつも太陽の方を向いている向日葵‥生命を全うし‥枯れていく姿も、いじらしく、愛おしく思いませんか?

f:id:satomi-tanaka:20210810202206j:image

*カウンセリング・ご案内*

https://www.uraraka-soudan.com/listing/position/8

f:id:satomi-tanaka:20210810202948j:image

「一つ失っても一つ手に入れている」の法則!

f:id:satomi-tanaka:20210608192901j:image

こんにちは!

カウンセラーの 田中里美 です。

 

心理学を学び‥日々、自己分析していると‥

そんなの当たり前じゃん!

だから‥何? ‥てことまでも、深く考えるようになり、時々‥面白くなります。

 

例えば‥

実家の手土産に‥と、久しぶりにケーキ屋さんに行った時のことです。

 

実家の父と姉は、二人とも「ガトーショコラ」や「オペラ」などの‥大人っぽいビターチョコレートのケーキが好きなので、迷わず決められます。

 

問題は‥私のケーキをどれにするかです。

私はケーキは、どれでも大好きなんですよ〜! 

しかも、ケーキ屋さんのケーキは特別です。高いから‥滅多に行かないんで、真剣に選んじゃいます(笑)

 

その日は‥定番の二つ‥

ショートケーキ VS ガトーショコラ 

                                     ‥で悩みました。

 

久しぶりの「ケーキ屋さんのケーキ」ですから、後悔したくないんです。

ショーケースを、ジーっと見て‥  

結果‥「ガトーショコラ」にしました。

 

そして‥ちょっと後ろを振り返り‥  ショートケーキにサヨナラしました。笑

 

「今度はショートケーキにするからね☆」

‥と、心の中で「ショートケーキ」に、話しかけてしまうしくらい‥  ショートケーキも捨て難かった私でした。笑

 

でも、私はガトーショコラを選び、美味しく食べましたので、後悔はありません!

 

ショートケーキは食べられなかったけど、ガトーショコラは食べられました。

 

私はこれを「一つ失ったけど‥一つ手に入れている法則」と、名付けています。

 

もしも「二つ食べればいいじゃん!」‥と思った方がいたら‥説明させてください〜(^^;;

 

私は「ケーキ屋さんのケーキは一つだけ!」と決めています。

カロリーも気になるし、一つだけ食べるから‥特別な感じがして、良いんです♡

 

だから‥選べるのは一つだけ!

もしも、ショートケーキを選んでいたら、ガトーショコラは失うことになるのです。

 

・・・ほらね!

一つ失い、一つ手に入れている」でしょう?笑

 

これ、当たり前だけど‥  こんな当たり前なことの中に、心理学があるなぁ‥と思うのです。

☆☆☆

 

私たちの日常は、

「分岐点」→「葛藤」→「決断」の連続で出来ています。

 

分岐点は、進学や職業選びなどの‥進路など、大きなものだけでなく、

朝起きて‥夜眠りにつくまでに、沢山あるんです。

 

朝食を、ご飯にするか、パンにするか‥

天気予報を見て‥自分の帰宅時間を考え、洗濯物を外干しするか、中干しするか‥

気温見て‥洋服を半袖にするか、長袖にするか‥

‥などの小さなものまでも‥「分岐点」と考えます。

 

分岐点では、道が二つに分かれています。

どちらに進むかを葛藤し、時には3つ目の道(選択肢)があることに気づいたりします。

そして‥選択→決断をしているのです。

 

もしも‥選んだ行動が、「ケーキを買うのをやめる」とか、「外出をやめる」‥だったとしても、必ずそこでは、決断があるのです。

☆☆☆

 

選んだ選択肢による行動の先には‥  未来のあなたがいます。

 

例えば‥あなたは、天気予報が「晴れのち雨」の時、帰宅時間には、まだ降水確率が低いようなら、傘は置いて行きますか?

それとも用心して、持って行きますか?

傘は荷物になります。降られなかったら‥どこかに置き忘れる可能性もあります。

出かける時、晴れていたら‥迷いますよね?

 

さて、あなたは傘を持たずに出かけたとします。

そして、未来のあなたは‥「帰りに雨に降られてしまった」とします。

↓↓

①傘を持っていたら‥「持ってきて良かった!」

②持ってなければ‥「持ってくれば良かった!」

 

私の法則に当てはめると‥

「傘を持って出かけた未来」は失った。

だけど‥「傘を持ってない未来」は、手に入れた‥ということになります。

 

ここで疑問が浮かぶかな?

「手に入れた」と言われても‥持って出かけた方が「良い未来」のように感じますよね?

 

でも‥  傘を持っていたら、見られなかった景色や、起きなかった出来事が‥あるかもしれないのです。

 

もしかしたら‥

☆友人とバッタリ会い、傘に入れてくれるかもしれません。

☆びしょ濡れになり‥大変だったけど、その日のお風呂は最高に気持ちいいものになるかもしれません。

☆風邪を引いてしまったけど、最近頑張り過ぎていたから‥身体を休める良いきっかけになるかもしれません。

 

そんな‥上手いことばかりある〜?

はい、たしかに‥(^^;;

 

でも、何も起こらなかったとしても‥「傘を持ってくればよかった!」‥という経験を、手に入れたことにはなりますよ。

 

ものは考えようです!

マイナスな出来事の中にある‥プラスを見つけるには、ポジティブ感性が必要になってきます。

 

ここで注意があります。

「ポジティブ」に考えなきゃ!‥と、無理矢理プラスにしなくていいのです。

「マイナス」なら、マイナスのまま‥こちらの道を手にしたことを感じましょう。そこには、何か‥マイナスならではの‥  そこでしか見えない景色が見えているはず!

☆☆☆

 

毎日毎日‥忙しく、目の前の「やるべきこと」を、ただこなす‥そんな風に過ごし方していると、気づけないものがあります。

日常の分岐点でも、なんとなく「選択→決断→行動」をし、なんとなく時間が過ぎていく‥

それが楽なら‥もちろんそれでもいいのです。

 

でももしも、現状と違う景色を見たくなったなら、ちょっと試してみませんか?

 

まず、人は一日に、数え切れないくらいの「行動選択」をしていることと、

一つ失ったあとには、必ず一つ手に入れている法則も、数え切れないくらい、起きていることに、気がついてみることから・・・

 

それは、自分の「心」が、どう感じ‥どう葛藤し、どのような理由づけから、行動しているか!‥で、失ったり手に入れたりするもの‥にも、性格特性が出ます。

 

だから、時には‥意識して、いつもと違う選択をしたら、いつもと違うものを失い、いつもと違うものを手に入れるのかもしれません。

そこには、無限の可能性があります。

f:id:satomi-tanaka:20210608210139j:image

無意識のままじゃ、勿体ない!

どんどん意識に上げて‥時々は、いつもと違うケーキの味も、味わってみませんか?

あなたの心次第で‥「人生は無限」です。

☆田中里美☆

《 今日の空色 》一年で一番嫌いな季節は梅雨です。なんか‥憂鬱だし、主婦は洗濯物が乾かないとストレスなんです。だけど‥憂鬱やストレスは、心と向き合うチャンスかもしれません。雨の日にどう過ごすか‥分岐点→葛藤→決断→行動☆  ほら‥一つ失ったけど、ちゃんと一つ手に入れてますよ。

f:id:satomi-tanaka:20210608211422j:image

*カウンセリングご案内*

https://www.uraraka-soudan.com/listing/position/8

f:id:satomi-tanaka:20210608211816j:image